メインメニューを開く

地主 悌助(じぬし ていすけ、1889年明治22年)7月12日 - 1975年昭和50年)11月26日)は、日本洋画家

目次

人物編集

1889年、地主正次の次男として山形県鶴岡最上町(現:鶴岡市)に生まれる[1]

1905年に山形県立荘内中学校(現:山形県立鶴岡南高等学校)に進むも中退。検定試験に合格し小学校教諭となる。

1913年、画家坂本繁二郎の作品を見て、感銘を受け、弟子となる[1]

その後、図画教諭の検定試験に合格。秋田県師範学校、山口県女子師範学校、鶴岡中学校(現:鶴岡南高等学校)で教鞭を執った。また1950年には鶴岡の美術団体「白甕社」会長に就任。庄内の芸術文化の発展にも尽力した[1]

1954年に健康を害したことから、転地療養も兼ね、友人である真田祐太郎が居住する神奈川県中郡二宮町に移る。

1956年に東京日本橋の画廊で初めて個展を開いた際、小林秀雄に認められたことが、画家として名を成すきっかけとなる。以後、都内の画廊で毎年個展を開くようになる[1]

1975年11月26日 死去。享年86[2]。墓所は鶴岡市の保春寺。

受賞歴編集

  • 1971年(昭和46年) - 第3回『日本芸術大賞』 新潮文芸振興会[2]

主な作品編集

  • 『瓦』
  • 『石』
  • 『桃』
  • 『紙』
  • 『大根』
  • 『白菜』
  • 『雑誌』
  • 『風景』
  • 『桃と李』
  • 『ブロック』

脚注編集

参考文献編集

  • 庄内人名辞典刊行会編『新編庄内人名辞典』 庄内人名辞典刊行会、1986年。