メインメニューを開く

地久節(ちきゅうせつ)は、明治大正昭和時代の第二次世界大戦までの日本の祝日の一つで、皇后の誕生日を祝う日。

天皇誕生日天長節)と異なり、国の祝祭日として勅令で規定されることはなかったが、女子校などにおいて天長節に準じた扱いで祝賀の儀式が行われた。

1931年(昭和6年)の大日本連合婦人会の結成とともに、香淳皇后の地久節であった3月6日母の日に定められ、戦前昭和期を通じて祝われた。その後、母の日は5月第2日曜日に定められた。

1948年(昭和23年)7月に地久節は祝日法上の国民の祝日ではないものの、皇后誕生日(こうごうたんじょうび)に改称された。

歴代皇后の地久節・皇后誕生日編集

関連項目編集