地位協定(ちいきょうてい)とは、二国間における国民の役割や権利などの地位を規定する協定

外国の軍隊の駐留など複数の国民が濃厚に接触する機会が増加する際に、両者の摩擦を防ぐために予め締結される。

英語では Status Of Forces Agreement と言い、頭字語SOFAソファ同音異義語)を略称に用いる。

日本編集

日本第二次世界大戦の結果、在日米軍が駐留することとなり、長らく受け身の立場の地位協定を結んできた。しかし1990年代以降、自衛隊が海外へ行く機会が増え、逆の立場で地位協定を締結する例も増えている。

日本が結んだ地位協定の例編集

大韓民国編集

フィリピン編集

イラク編集

オーストラリア編集

  • Agreement with the Government of the United States of America concerning the Status of United States Forces in Australia, and Protocol[3]オーストラリアにおけるアメリカ軍の地位に関するアメリカ合衆国との合意と議定書、1963年5月9日キャンベラで署名)

ドイツ編集

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集