メインメニューを開く

地四国(ちしこく)とは、民間信仰の一種で、地元の人が四国霊場を模して、山や島、半島などにおいて、ミニ巡礼コースとしているもの。寺院のかわりに、小さい祠を置いて、お参りする順番も決められている。「お四国さん」、「ミニ四国」、「新四国」などの名でも呼ばれ、四国各地や他地域でもみられる。同様に西国三十三所を模したものもある。

地四国の例編集

北海道編集

  • 北海道八十八箇所

関東地方編集

埼玉県編集

千葉県編集

東京都編集

神奈川県編集

  • 相模国準四国八十八箇所

福井県編集

岐阜県編集

静岡県編集

  • 伊豆八十八箇所

愛知県編集

三重県編集

近畿地方編集

兵庫県編集

  • 淡路四国八十八箇所

奈良県編集

島根県編集

  • 都野津新四国八十八箇所

岡山県編集

広島県編集

山口県編集

四国地方編集

香川県編集

愛媛県編集

九州地方編集

  • 九州八十八ヶ所百八霊場

福岡県編集

長崎県編集

  • 茂木四国八十八ヶ所