地域リーグ (バスケットボール)

日本のバスケットボールリーグ

地域リーグ(ちいきリーグ、: Area League)は、日本社会人バスケットボールリーグの下部リーグである。2024年からはSB-2リーグとして開催される予定。

SB-2リーグ
今シーズン・大会:
現在進行のスポーツイベント SB-2リーグ 2024-25
競技バスケットボール
創立2018年
リーグレベル5部
上位大会SB-1リーグ
下位大会都道府県リーグ
日本の旗 日本
連盟日本社会人バスケットボール連盟(JSB)
公式サイトSBLリーグ

概略

編集

かつては日本実業団バスケットボール連盟(日本実連)の傘下に九つの地域実連が存在し、各地域の実連が主催に当たっていた。

リーグ戦は春から夏にかけて行われ、上位チームは日本実連が主催する上位リーグ昇格を懸けた全日本実業団バスケットボール競技大会に出場していた。

2017年に日本社会人バスケットボール連盟が発足したのに伴い、従来の社会人各カテゴリはB.LEAGUEWリーグを頂点とするピラミッド型組織の構築を図るべく再編され[1]、新・地域リーグは2018年より順次開幕した[2]。各地域リーグ上位は全日本社会人バスケットボール地域リーグチャンピオンシップに進出する。

2024年からは全国リーグのSBL-SB1と地域リーグのSBL-SB2に分類された。

各地域リーグの下部には都道府県リーグが置かれている。

各地域リーグ

編集

男子

編集
リーグ チーム名
北海道 宮田自動車NORTHBRAVES
Camellia
旭川キシイ
EBETSU W・B
東北 厚生倶楽部
ST-IWATE LANDERS
北芝電機BURNING SUNS
青森ワッツネクスト
福島Sirius Blacks
関東 曙ブレーキ工業
東京海上日動ビッグブルー
警視庁
葵企業
メディセオ
新生紙パルプ商事
三井住友海上火災
横浜ギガスピリッツ
プレス工業
TISインテックグループ
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
アクアテック
大塚商会
RBC東京
NTT東日本東京
東海・北信越 リンタツ
ホシザキ
Gifu Seiryu Heroes
石川ブルースパークス
RAMPOLE三重
frenemy.
イカイレッドチンプス
近畿 タツタ電線㈱
信和グループ
BUBBLES
ONELYS wakayama
日新シール工業
Lake Blue
蝶理
Fantatista.Ltd
中国四国九州 四国電力
愛媛ワイルドキャッツ
BEANS
ナカシマ
JFEレッドホークス福山
IKAI KYUSYU GRUNS
小豆島ストーンズ
KARVAN TOTTORI

女子

編集
リーグ チーム名
東日本 丸紅
ヤマト運輸
AFBB
アステム湘南ウィクトリアス
三井住友銀行
TOTO
メディセオ
三井住友海上
西日本 笠戸ブレイブスター
今治オレンジブロッサム
播磨ホワイトバックス
アストライア
OTCくきや

優勝チーム

編集

男子

編集
年度 北海道 東北 北関東 南関東 東海・北信越 近畿 中国・四国・九州
2018 宮田自動車 JR東日本秋田 黒田電気 --- リンタツ 信和建設 九州電力
2019 宮田自動車 JR東日本秋田 日立金属 --- リンタツ タツタ電線 九州電力
2020 Camellia JR東日本秋田 横河電機 黒田電気 リンタツ 信和建設 トライフープ岡山サテライト
2021 Camellia JR東日本秋田 横河電機 黒田電気 リンタツ 信和建設 トライフープ岡山サテライト
年度 北海道 東北 関東A 関東B 東海・北信越 近畿 中国・四国・九州
2022 Camellia JR東日本秋田PECKERS 黒田電気Bullet Spirits 横河電機WILDBLUE リンタツ Fantasista.Ltd 九州電力アーティサンズ

女子

編集
年度 東北 関東・東海 西日本
2018 秋田銀行 ミツウロコ 紀陽銀行
2019 秋田銀行 三井住友銀行 紀陽銀行
年度 東日本A 東日本B 西日本
2020 ミツウロコ 山形銀行 滋賀銀行
2021 秋田銀行 山形銀行 紀陽銀行
2022 ミツウロコ 秋田銀行 滋賀銀行LakeVenus

チャンピオンシップ

編集

高松宮記念杯 全日本社会人バスケットボールプレミアムチャンピオンシップとして開催、第5回までは高松宮記念杯 全日本社会人バスケットボール地域リーグチャンピオンシップであった。各リーグの上位チームと全日本社会人バスケットボール選手権大会上位2チームが参加する。出場チーム数は男子30、女子16(第5回大会時点)。

年度 会場 男子 女子
優勝 決勝 準優勝 優勝 決勝 準優勝
1 2018 高崎市 日本無線 70 - 56 リンタツ 秋田銀行 66 - 53 紀陽銀行
2 2019 岡山市 黒田電気 92 - 64 JR東日本秋田 秋田銀行 58 - 56 山形銀行
3 2020 浜松市 JR東日本秋田PECKERS 92 - 73 黒田電気Bullet Spirits 紀陽銀行 90 - 74 滋賀銀行
4 2021 札幌市 新型コロナウイルスにより中止
5 2022 高崎市 黒田電気Bullet Spirits 101 - 100 JR東日本秋田PECKERS 山形銀行 71 - 66 ミツウロコ
6 2023 大津市 JR東日本秋田PECKERS 96 - 57 富士通 秋田銀行 85-71 ミツウロコ

過去に参加していたチーム

編集

現地域リーグから全国リーグ昇格を果たしたクラブ

編集
男子(B3.LEAGUE)
クラブ 所属リーグ 昇格年 備考
ベルテックス静岡 東海・北信越 2019年 [注釈 1]
トライフープ岡山 中国・四国・九州
佐賀バルーナーズ
山口パッツファイブ 2021年 [注釈 2]
ヴィアティン三重 東海・北信越 2022年
男子(SBL-SB1)
女子(Wリーグ)
クラブ 所属リーグ 昇格年 備考
プレステージ・インターナショナル アランマーレ 東日本B 2021年
姫路イーグレッツ 西日本 2022年 [注釈 3]
三井住友銀行 東日本 2025年
女子(SBL-SB1)

活動休・停止チーム

編集
男子
クラブ 所属リーグ 撤退年 備考
デビルズ大分 中国・四国・九州 2023年 [注釈 4]

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 地域リーグ時代はヴェルテックス静岡。
  2. ^ B3.LEAGUE2022-23までは山口ペイトリオッツ。
  3. ^ 2020年まではAC播磨イーグレッツ。
  4. ^ 大分(・愛媛)ヒートデビルス(現・愛媛オレンジバイキングス)のOB有志らによって結成、将来のBリーグ参加を目指していたが、財政上の問題で2023年度から当面トップチームの活動を休止、育成型チームのみ活動することが発表された[3]

出典

編集

関連項目

編集

外部リンク

編集