メインメニューを開く

地域医療機能推進機構北海道病院

札幌市豊平区にある病院

地域医療機能推進機構北海道病院(ちいきいりょうきのうすいしんきこうほっかいどうびょういん)は、札幌市豊平区にある病院。通称JCHO北海道病院(ジェイコーほっかいどうびょういん)。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg JCHO北海道病院
Hokkaido Social Insurance Hospital.jpg
情報
正式名称 独立行政法人地域医療機能推進機構 北海道病院
英語名称 Japan Community Health care Organization Hokkaido Hospital
前身 北海道社会保険中央病院→北海道社会保険病院
標榜診療科 消化器内科、消化器外科、呼吸器内科、呼吸器外科、新生児科、産科、心臓内科、心臓血管外科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、膠原病内科、神経内科、小児科、外科、整形外科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、麻酔科、放射線診断科、病理診断科
許可病床数

358床
一般病床:312床



結核病床:46床
機能評価 一般病院2(200〜499床):3rdG:Ver.1.0〜[1]
開設者 独立行政法人地域医療機能推進機構
病院事業管理者 古家乾(院長)
開設年月日 2014年4月1日
所在地
062-8618
位置 北緯43度01分33秒 東経141度21分23秒 / 北緯43.02583度 東経141.35639度 / 43.02583; 141.35639 (JCHO北海道病院)座標: 北緯43度01分33秒 東経141度21分23秒 / 北緯43.02583度 東経141.35639度 / 43.02583; 141.35639 (JCHO北海道病院)
二次医療圏 札幌
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1953年昭和28年):結核療養所として「北海道社会保険中央病院」開設[2]
  • 1959年(昭和34年):一般病院に変更[2]
  • 1961年(昭和36年):北海道社会保険高等看護学院(後の北海道社会保険看護専門学校)開校(2004年閉校)[2]
  • 1973年(昭和48年):総合病院の承認[2]
  • 2001年平成13年):新病棟完成し、「北海道社会保険病院」と改称。札幌市の「こどもデイサービスセンター」開設[2]。介護老人保健施設「サンビュー中の島」開設[2]
  • 2003年(平成15年):新築工事竣工[2]
  • 2007年(平成19年):院内保育所開設[2]
  • 2014年(平成26年):地域医療機能推進機構が運営する「独立行政法人地域医療機能推進機構 北海道病院」となる。

機関指定編集

診療科等編集

施設認定編集

日本内科学会認定医制度教育関連病院 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
日本心血管インターベンション治療学会認定研修施設 腹部ステントグラフト実施施設
日本不整脈学会・日本心電学会認定不整脈専門医研修施設 日本呼吸器学会認定施設
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医制度認定施設 日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本消化器病学会認定施設 日本肝臓学会認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設 日本消化器外科学会消化器外科専門医制度修練施設
日本腎臓学会研修施設 日本透析医学会認定施設
日本糖尿病学会認定教育施設 日本内分泌学会認定教育施設
日本甲状腺学会認定専門医施設 日本周産期・新生児医学会周産期新生児専門医補完研修施設
日本周産期・新生児医学会周産期母体・胎児専門医指定研修施設 日本産科婦人科学会専門医制度専攻医指導施設
日本小児科学会小児科専門医研修施設 日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本乳癌学会認定関連施設 マンモグラフィ検診施設画像認定施設
日本整形外科学会整形外科専門医研修施設 日本泌尿器科学会専門医教育施設・基幹教育施設
日本感染症学会連携研修施設 日本眼科学会専門医制度研修施設
日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設 日本皮膚科学会専門医研修施設
日本麻酔科学会認定病院 日本ペインクリニック学会指定研修施設
日本病理学会病理専門医研修認定施設B 日本病理学会研修登録施設
日本臨床細胞学会認定施設 日本臨床細胞学会教育研修施設
日本静脈経腸栄養学会認定栄養サポートチーム(NST)稼動認定施設 日本静脈経腸栄養学会認定栄養サポートチーム(NST)専門療法士認定教育施設
日本栄養療法推進協議会認定栄養サポートチーム(NST)稼動施設

アクセス・駐車場編集

中の島通沿いに位置している。

脚注編集

参考資料編集

外部リンク編集