メインメニューを開く

地方庁(ちほうちょう)とは、復帰前の沖縄において行政主席の権限に属する事務を分掌させるため、必要な地に設けられた琉球政府の出先機関のことである。

地方庁設置法(1952年立法第36号)によって定められた組織で、庁務を統括する特別職地方庁長以下各種職員が置かれた。地方庁は、かつての群島政府所在地に設けられた。また、地方庁所管区域内に出張所が設けられた。1970年に地方庁設置法が廃止されて、地方庁は支庁となった。

地方庁一覧編集

(括弧内は地方庁所在地)

参考文献編集

  • 照屋栄一『沖縄行政機構変遷史 明治12年~昭和59年』照屋栄一、1984年

関連項目編集

外部リンク編集