地方運輸局(ちほううんゆきょく)とは、国土交通省地方支分部局のひとつ。運輸・交通に関する業務を所管している。

全国を北海道、東北、関東、北陸信越、中部、近畿、中国、四国、九州の9運輸局が管轄している。国土交通省設置法30条に定めがある。なお、沖縄県については内閣府沖縄総合事務局運輸部が管轄している。

管轄地方の運輸・交通関連の行政においては大きな権限を持っている。各地方運輸局は出先機関として運輸支局・自動車検査登録事務所・海事事務所を置き、登録・許認可の実務の多くをそちらで行っている。

所在地編集

  • 神戸運輸監理部
    (管轄:兵庫県)
    • 海事関係については神戸運輸監理部を本局として業務を行うが、陸運関係については近畿運輸局の下部組織として業務を行う。
  • 九州運輸局福岡県福岡市博多区博多駅東二丁目
    (管轄(陸事関係):福岡県、佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県
    (管轄(海事関係):山口県(下関市、宇部市、長門市、山陽小野田市)、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)
    • 山口県の一部(下関市、宇部市、長門市、山陽小野田市)は、陸運関係が中国運輸局、海事関係が九州運輸局の管轄となっている。

組織編集

  • 局長
    • 次長(四国を除く)
    • 総務部
    • 交通政策部
    • 観光部
    • 鉄道部
    • 自動車交通部
    • 自動車技術安全部
    • 海事振興部(北陸信越を除く)
    • 海上安全環境部(北陸信越を除く)
    • 海事部(北陸信越に限る)
    • 自動車監査指導部(関東及び近畿)
      • 運輸支局(一部を除き、陸事・海事に分かれる)
        • 各自動車検査登録事務所
        • 各海事事務所

関連項目編集

外部リンク編集