メインメニューを開く

地球化学(ちきゅうかがく、geochemistry)とは、地球や地球の構成物質について化学的な手段を用いて研究する分野のことであり[1]、自然界における元素同位体の分布や挙動を把握することを目的とする[2]

地球化学が発展したのは20世紀であり[3]ヴィクトール・モーリッツ・ゴルトシュミットは、地球での元素の分布や挙動のメカニズムを研究し、成果を『Geochemische Verteilungsgesetze der Elemente』にまとめている[4]。ゴルトシュミットは地球化学の父と呼ばれている[5]

地球化学は当初は固体地球科学化学の学際分野として発展し、マントル物質マグマ岩石などを扱っていたが、21世紀では地球環境問題と関連し、水圏大気圏生物圏も研究対象となっている[5]

目次

分類編集

主な分野、研究対象は次のように分類できる。

火山学岩石学鉱物学に関連する分野
地殻マントル水圏などにおける、元素鉱物の分布や移動を調べる分野。
同位体地球化学
地球や地表面に存在する、元素やその同位体の絶対および相対濃度を決定する分野。物質の輸送、変換過程を調べたり、年代測定を行ったりするために重要な分野である。
宇宙化学
宇宙における元素や同位体の分布を分析する分野。
生物地球化学
地球上の化学過程における生物の役割を研究する分野。
有機地球化学
生存する、或は過去に生存した生物に由来する物質の役割や組成を研究する分野。
環境学水文学の応用分野

その他編集

「日本の地球化学図 元素の分布から何がわかるか?」が、平成17年度環境賞の優良賞を受賞。

脚注編集

参考文献編集

  • 菅原健半谷高久編 『地球化学入門』 丸善、1964年。
  • 『地球化学』松尾禎士監修、講談社、1989年。ISBN 4-06-153320-7
  • 松久幸敬、赤木右『地球化学概説』培風館〈地球化学講座〉、2005年。ISBN 4-563-04901-8
  • 佐野有司、高橋嘉夫『地球化学』共立出版〈現代地球科学入門シリーズ〉、2013年。ISBN 978-4-320-04720-4
  • 『日本の地球化学図 : 元素の分布から何が分かるか?』産業技術総合研究所地質調査総合センター、2004年。

関連項目編集

外部リンク編集