地球半径

地球の赤道半径または長さの単位

地球半径(ちきゅうはんけい、: Earth radius)は、測地学天文学において用いられる地球の赤道半径である。その値には、実測に基づくもの、長さの単位として用いる場合の定義値など様々である。

ちきゅうはんけい
地球半径
Earth radius
記号 , aE, ae, R, RE
長さ
定義 地球赤道半径
テンプレートを表示

測地測量の基準としての半径 編集

測地測量の基準とするGRS80準拠楕円体WGS84準拠楕円体で用いられる地球の赤道半径の値は次の通りである。

  • 正確に 6378137 m

公称半径(Nominal radius) 編集

国際天文学連合(IAU)は、2015年の第24回総会において、公称半径(Nominal radius)として、赤道半径と極半径を次のように定義した[1]。この公称赤道半径は、天文学における長さの単位として使われる。

  • 公称赤道半径 nominal equatorial Earth radius(記号: )= 6378.1 km(正確に)
  • 公称極半径 nominal polar Earth radius(記号: )= 6356.8 km(正確に)

この公称赤道半径は、主に小さな太陽系外惑星の大きさの比較に用いられる。 公称赤道半径は以下の単位に換算される。

実測に基づく半径 編集

理科年表では、IAG(国際測地学協会)第3特別委員会が1999年8月に公表した次の値を最新のものとして載せている[2]

  • 6378136.59±0.10 m(tide-free system: 潮汐による変形を完全に除去する方法)
  • 6378136.62±0.10 m(zero-frequency tide system: 潮汐による永久変形のうち直接効果は除去するが、間接効果は除去しない方法)

USNOHMNAOは、天文定数 ASTRONOMICAL CONSTANTS(K6)の一部として次の値を示している[3]

脚注 編集

注釈 編集

出典 編集

  1. ^ Resolution B3 on recommended nominal conversion constants for selected solar and planetary properties IAU 2015 Resolution B3, XXIXth IAU General Assembly in Honolulu, 13 August 2015
  2. ^ 理科年表、2022、p.601、丸善
  3. ^ ASTRONOMICAL CONSTANTS K6 1.5 Body Constants, Equatorial radius for Earth, USNO, 2018

関連項目 編集

外部リンク 編集