地蔵院(じぞういん)は、三重県亀山市にある真言宗御室派の寺院。本尊は地蔵菩薩。山号は九関山(きゅうかんざん)、寺号は宝蔵寺(ほうぞうじ)。九関山宝蔵寺地蔵院と号するが、通常は院号の地蔵院をもって呼ばれる。関の地蔵関地蔵院とも称される。

地蔵院
Jizô-in Shingon-Buddhist Temple - Hon-dô Sanctuary.jpg
本堂
所在地 三重県亀山市関町新所1173
位置 北緯34度51分10.9秒 東経136度23分21.4秒 / 北緯34.853028度 東経136.389278度 / 34.853028; 136.389278座標: 北緯34度51分10.9秒 東経136度23分21.4秒 / 北緯34.853028度 東経136.389278度 / 34.853028; 136.389278
山号 九関山
院号 地蔵院
宗旨 古義真言宗
宗派 真言宗御室派
本尊 地蔵菩薩
創建年 (伝)741年天平13年)
開基 (伝)行基
正式名 九関山宝蔵寺地蔵院
別称 関の地蔵、関地蔵院
札所等 三重四国八十八箇所 28番札所
文化財 本堂・愛染堂・鐘楼(国の重要文化財
法人番号 8190005003286 ウィキデータを編集
テンプレートを表示
愛染堂
鐘楼

歴史編集

東海道の関宿に位置し、古くから関の地蔵と呼ばれて信仰されてきた。創建については判然としないが、元禄8年(1695年)成立の『地蔵院略縁起』には天平13年(741年行基によって創建されたと伝える。享保3年(1718年)成立の『関地蔵菩薩瑞像記』には大同元年(806年)、最澄の弟子により地蔵堂が建てられ、久冠山宝蔵寺と号したとある[1]

文化財編集

重要文化財
  • 地蔵院 3棟
    • 本堂(附:棟札下書、地蔵堂再興日記、地蔵菩薩本堂再興之由縁、勘定帳、江戸開帳願之記) - 寄棟造本瓦葺き。元禄13年(1700年)建立。
    • 愛染堂 - 寛永7年(1630年)建立。
    • 鐘楼(附:棟札、三町普請鐘楼堂修覆記) - 寛永21年(1644年)建立。
その他
  • 本堂天井画 - 174枚。寺伝では作者は狩野永敬とされ、京狩野風の表現が随所に見られる。しかし、元禄15年(1702年)に亡くなった永敬と、享保7年(1723年)頃に完成した本天井画には20年以上の開きがあり、18世紀初頭の京狩野周辺の制作と見られる[2]

所在地編集

  • 三重県亀山市関町新所1173

札所編集

脚注編集

  1. ^ 『日本歴史地名大系 三重県の地名』(平凡社、1983)、p.238
  2. ^ 蒲田大輔 「作品紹介 関地蔵院本堂天井画―狩野永敬と十八世紀初頭の京狩野家について―」『学習院大学人文科学論集』No.19、学習院大学大学院人文科学研究科、2010年10月31日、pp.65-94。
  3. ^ 西国愛染十七霊場 公式ホームページ 重要なお知らせ・第10番札所の変更があります

参考文献編集

  • 滝本昭二『三重四国八十八ヵ所霊場』三重四国八十八ヵ所霊場会、70-71頁。

外部リンク編集