メインメニューを開く

地震断層観察館・体験館(じしんだんそうかんさつかん・たいけんかん)は、岐阜県本巣市にある本巣市立の根尾谷断層に関する博物館である。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 地震断層観察館・体験館
Seismic Faults Observation & Experience House
地震断層観察館.jpg
施設情報
正式名称 根尾谷地震断層観察館[1]
専門分野 根尾谷断層
事業主体 本巣市
管理運営 本巣市教育委員会
開館 1992年(平成4年)3月
所在地 501-1529
岐阜県本巣市根尾水鳥512番地
位置 北緯35度36分57.3秒 東経136度37分15.1秒 / 北緯35.615917度 東経136.620861度 / 35.615917; 136.620861座標: 北緯35度36分57.3秒 東経136度37分15.1秒 / 北緯35.615917度 東経136.620861度 / 35.615917; 136.620861
プロジェクト:GLAM

目次

概要編集

1891年濃尾地震によりできた根尾谷断層を保存し、展示することを目的に1992年(平成4年)3月にオープンした。断層のズレを直接観察できる世界で初めての施設である。

施設はピラミッド型の三角屋根の地下観察館と円形ドーム型の地震資料館からなる地震断層観察館と、併設する地震体験館からなる。

沿革編集

  • 1988年(昭和63年) - 濃尾震災から100年の節目を迎えるにあたり断層を活用した新たな観光資源として、断層部分を掘り下げ露出させ断層を観察することのできる断層トレンチを整備することに決定。
  • 1990年(平成2年)12月 - トレンチ着手。
  • 1991年(平成3年)10月 - 垂直に降起した断層が出現。
  • 1992年(平成4年)3月 - 地下観察館として開館。開館1年間に8万人の入館者を記録。
  • 1993年(平成5年)3月 - 地下観察館横に地震資料館開館。両施設を合わせて「地震断層観察館」に改称。
  • 1998年(平成10年)3月 - 地震体験館開館。
  • 2001年(平成13年) - 累計入場者50万人。
  • 2002年(平成14年)7月10日 - 集中豪雨による根尾川氾濫により全館が水没。以降数ヶ月にわたり休館となる[2]

概要編集

  • 開館時間:4月 9:00〜17:00  5月~10月 10:00~17:00 11月~3月 10:00~16:00
  • 休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月29日〜翌年1月3日。
  • 入館料:大人500円(350円)、小人250円(180円)※括弧内は20名以上の団体。
  • 地震体験館は別料金で、大人小人共に200円。

施設編集

地震断層観察館編集

 
地下観察館で見られる断層トレンチ(北西方向)。垂直方向で6mのずれが確認できる。
地下観察館
  • 根尾谷断層を輪切りにした状態で、すり鉢状に20m四方を地下に8mをトレンチしてある。断層が施設内にあるため風雨にさらされる事がなく、断層を鮮明に観察する事が出来る。地震に関する書籍や新聞類を閲覧できるブースも用意されている。
地震資料館
  • 大画面ホール - 50人の収容ホールに200インチの大型画面がありビデオによる「根尾谷の自然」と題した村民の暮らしの紹介や断層発生のメカニズムの再現。
  • 常設展示 - 震災直後の写真や文献を展示。地震の仕組みやメカニズムを直径3mの映像モニター6台を組み込んである地球儀で紹介。

地震体験館編集

  • 3Dシアターで震度6弱〜6強の揺れを体験出来る。

アクセス編集

関連項目編集

脚注編集