坂下村 (岐阜県)

日本の岐阜県吉城郡にあった村

坂下村(さかしもむら)は、岐阜県吉城郡にあったである。

さかしもむら
坂下村
廃止日 1956年9月30日
廃止理由 合併
坂上村坂下村宮川村
現在の自治体 飛騨市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
吉城郡
市町村コード なし(導入前に廃止)
面積 106.21km2.
総人口 1,473
(1956年)
坂下村役場
所在地 岐阜県吉城郡坂下村桑野字宮ノ下65-1
座標 北緯36度24分02秒 東経137度10分57秒 / 北緯36.40053度 東経137.18247度 / 36.40053; 137.18247 (坂下村)座標: 北緯36度24分02秒 東経137度10分57秒 / 北緯36.40053度 東経137.18247度 / 36.40053; 137.18247 (坂下村)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

1956年に合併で宮川村の一部となり、現在は飛騨市の一部である。

旧・宮川村の北部(宮川下流側)に該当し、北は富山県に接する。

歴史編集

  • 江戸時代末期、この地域は飛騨国吉城郡であり、天領であった。
  • 1871年明治4年) - 廃藩置県により、飛騨国一円は筑摩県となる。
  • 1874年(明治7年) - 桑ケ谷村と小野村が合併し、桑野村となる。
  • 1875年(明治8年) - 打保村、杉原村、戸谷村、桑野村、小豆澤村、加賀澤村、鮎飛村、巣納谷村、祢冝ヶ澤上村、中澤上村、塩屋村、山之山村、洞村が合併し発足となる。
  • 1876年(明治9年)8月20日 - 筑摩県が分割され、旧・飛騨国一円は岐阜県と合併する。
  • 1889年明治22年)7月1日 - 町村制により坂下村が村制施行。
  • 1918年(大正7年)2月14日 - この日主要新聞で一斉に、「1月25日 - 26日に大正7年豪雪にともなって坂下村万波集落が孤立し約300人が餓死」との旨の報道がなされるが、誤報と判明する。富山県のある集落で雪崩と火災により9人が死亡した事実が流言化するうちに変化して伝わり、各紙の記者がそれを真に受けて記事にしたものであった[1]。後世の年表などの出版資料で、事実として掲載されたままになっている例がある[2][3]
  • 1956年昭和31年)9月30日 - 坂上村と合併し宮川村が発足。同日坂下村廃止。

教育編集

交通機関編集

神社・仏閣編集

  • 塩竈金清神社
  • 玄昌寺
  • 久昌寺
  • 光明寺
  • 長久寺

観光編集

  • 池ヶ原湿原

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 小池新. “300人死亡の大虚報「豪雪餓死」事件#2 「落雪で村全滅、村民300名ことごとく餓死」大雪で発生した“虚報”はなぜ起こってしまったのか”. 文春オンライン. 2022年9月30日閲覧。
  2. ^ 岩波書店編集部(編)『近代日本総合年表 第一版』(岩波書店 1968年)p.234 NDLJP:3449154/130
  3. ^ 下川耿史『環境史年表 明治・大正編(1868-1926)』(河出書房新社 2003年)p.325 全国書誌番号:20522067

関連項目編集