メインメニューを開く

坂下町 (横浜市)

神奈川県横浜市磯子区の町名
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 磯子区 > 坂下町

坂下町(さかしたちょう)は、神奈川県横浜市磯子区町名。丁番を持たない単独町名である。住居表示実施済み区域。郵便番号235-0003[3]

坂下町
坂下町の位置(横浜市内)
坂下町
坂下町
坂下町の位置
坂下町の位置(神奈川県内)
坂下町
坂下町
坂下町の位置
北緯35度25分12.18秒 東経139度37分43.4秒 / 北緯35.4200500度 東経139.628722度 / 35.4200500; 139.628722
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
磯子区
面積
 • 合計 0.094km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 1,257人
 • 密度 13,000/km2
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
235-0003[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

目次

地理編集

磯子区の北部に位置する。堀割川の左岸にあたる。北で馬場町、東で中区寺久保、西で堀割川を跨いで滝頭、南で下町と接する。町内は大半が平地であるが、東端に南北に走る崖があり、ここで警察署の管轄が分かれる。東の高台は山手警察署の管内で、戦後米軍に接収され根岸住宅地区となっている。西側大部分を占める平地は磯子警察署の管内で、住宅地になっている他、坂下疎開道路沿いには商店街が形成されている。堀割川沿いにかつて横浜耐火煉瓦などの工場があった場所には現在は自動車販売店などが並んでいる。町内全域が横浜市立根岸小学校横浜市立根岸中学校の学区である[5]

河川編集

歴史編集

沿革編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
坂下町 611世帯 1,257人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[10]

番地 小学校 中学校
全域 横浜市立根岸小学校 横浜市立根岸中学校

交通編集

鉄道編集

町内に駅はない。1912年(明治45年)から1972年(昭和47年)までは横浜市電が堀割川対岸の国道16号を走り、滝頭に停留所があった。最寄り駅はJR根岸線根岸駅であり、町内からは徒歩10~15分程度かかる。

バス編集

町内から最寄りとなるのは以下の2つのバス停である。

  • 坂下公園前
    • 唯一町内にあり、町内を通過するバス路線も下記3路線のみである。
  • 滝頭
    • 馬場町南端の先にある坂下橋の堀割川対岸にあり、根岸橋・坂下公園前の隣のバス停にあたる。横浜市営バス滝頭営業所前にあり、本数は多い。
      • 横浜市営バス 9系統・68系統・78系統・102系統・113系統・133系統・135系統・156系統・158系統・324系統(102系統の急行)・327系統(113系統の急行)・378系統(102系統深夜バスの書類上の系統番号)
      • 横浜京急バス 110系統

道路編集

施設編集

  • 根岸住宅地区 - 在日米軍(海軍)の住宅地。
  • 横浜坂下郵便局
  • 海照寺 - 真言宗の寺。開かれた時期は不明であるが、江戸時代寛永年間には存在していたことが確認されている。
  • 磯子霊園 - 海照寺の裏の斜面にある。
  • 根岸坂下公園
  • 坂下町内会館
  • 特別養護老人ホーム ちくぶ坂下ホーム - 根岸公設市場・根岸集会所の跡地にある。

かつて存在した施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 住所から、指定された学校を検索”. 横浜市教育委員会. 2012年8月14日閲覧。
  6. ^ 堀割川のプロフィール”. 横浜市磯子区. 2012年8月9日閲覧。
  7. ^ a b 磯子区の歴史”. 横浜市磯子区. 2012年8月9日閲覧。
  8. ^ 横濱市町名沿革誌”. 横浜じゃん旅行社 散歩の閑人. 2012年8月14日閲覧。
  9. ^ a b 根岸住宅地区”. 横浜市政策局基地対策課. 2012年8月9日閲覧。
  10. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。
  11. ^ 東京第18派遣所(横浜耐火煉瓦)”. POW研究会 笹本妙子. 2012年8月14日閲覧。

関連項目編集