メインメニューを開く
本来の表記は「坂井德章」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

坂井 德章(さかい とくしょう、1907年1月16日 - 1947年3月13日[2][注 1])は、台湾弁護士

さかい とくしょう
坂井 德章
湯德章律師.jpg
生誕 (1907-01-16) 1907年1月16日
台南庁噍吧哖[1]
死没 (1947-03-13) 1947年3月13日(40歳没)
台南市民生緑園(旧・大正公園、現・湯徳章記念公園)
国籍 大日本帝国の旗 大日本帝国
中華民国の旗 中華民国台湾
別名 湯德章
職業 弁護士
著名な実績 台南に波及した二・二八事件の穏当な収拾による台南市民の救済

略歴編集

熊本出身の坂井德藏と台湾出身の湯玉を父母に、日本統治下台湾台南に生まれ育った。父德蔵は巡査だったが本島人による最後の抗日武装蜂起であった西来庵事件で殉職。

姓は、内台共婚法成立前に父が死んだので湯姓で湯德章:Thng Tek-chiong)だが、後に叔父又蔵と養子縁組をしており、日本名は坂井姓である[4]

退学や転職の紆余曲折を経て、而立内地に渡って中央大学予科に法律を学び、最終学歴小学校卒業でありながら文官高等試験司法科はおろか行政科にまで合格し、台南に戻って弁護士事務所を開設した[5]

第二次世界大戦終結後、中国国民党統治下で発生した二・二八事件において、台南市の人民自由保証委員[6]として台南学生をなだめ、国民革命軍の報復によって台南学生が虐殺される事態を防いだ[7]。国民党軍に逮捕され、市中引き回しの上[1]、大正公園にて処刑された[8]

戦後「民生緑園」と改称された大正公園は、1998年2月28日に当時の台南市長許添財中国語版が「湯徳章紀念公園」に改称し、德章の胸像が設置された[9]。また、2014年には市長職だった頼清徳により、德章の命日3月13日が台南市の「正義と勇気の紀念日」に制定された[9]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 松野良一は3月11日[3]としている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 松野良一 (2016年3月3日). “「台湾二二八事件と中央大学卒業生」プロジェクトと受難者家族の証言概要 (PDF)”. 中央大学学術リポジトリ. p. 60. 2016年12月30日閲覧。『総合政策研究』24号
  2. ^ 門田 (2016, 14章)
  3. ^ 松野 2016, p.60
  4. ^ 門田 2016, はじめに・第六章.
  5. ^ 門田 2016, 第四-八章.
  6. ^ 楊子震 (2012年). “帝国日本の崩壊と国民政府の台湾接収 : 戦後初期日台関係における脱植民地化の「代行」 (PDF)”. JAIRO. p. 138. 2016年12月30日閲覧。筑波大学博士 (国際政治経済学) 学位論文・甲第5980号
  7. ^ 門田 2016, 第十二章.
  8. ^ 迫田博子 (2016年4月23日). “葉石濤と『台湾男子簡阿淘』 (PDF)”. お茶の水女子大学中国文学会. 2016年12月30日閲覧。、『お茶の水女子大学中国文学会報』35号39頁
  9. ^ a b 門田 2016, 第十五章

参考文献編集

  • 門田隆将 『汝、ふたつの故国に殉ず : 台湾で「英雄」となったある日本人の物語』 KADOKAWA、2016年。ISBN 9784041035382