メインメニューを開く

坂井 榮八郎(さかい えいはちろう、1935年5月19日 - )は、日本の歴史学者東京大学名誉教授。専門は西洋近代史、ドイツ史

来歴編集

千葉県生まれ。1955年武蔵中学校・高等学校卒業、1959年東京大学文学部西洋史学科卒業、1962年-65年西ドイツのマールブルク大学に留学。67年東京大学教養学部助教授(ドイツ語)、教授、85年定年退官、名誉教授、聖心女子大学教授。

著作編集

単著編集

  • Der kurhessiche Bauer im 19. Jahrhundert und die Grundlastenablösung, 1967.
  • 『ドイツ歴史の旅』(朝日新聞社[朝日選書]、1986年)
  • 『ゲーテとその時代』(朝日新聞社[朝日選書]、1996年)
  • 『ドイツ近代史研究――啓蒙絶対主義から近代的官僚国家へ』(山川出版社、1998年)
  • 『ヒストリカル・ガイド ドイツ・オーストリア』(山川出版社、1999年)
  • 『ドイツ史10講』(岩波書店岩波新書]、2003年)
  • ユストゥス・メーザーの世界』(刀水書房、2005年)
  • 『ドイツの歴史百話』(刀水書房、2012年)

共編著編集

共著編集

翻訳編集