坂井町(さかいちょう)

  1. 福井県坂井市が設置している地域自治区のひとつ。 → 坂井市を参照。
  2. かつて福井県坂井郡にあり、現在の 1. を区域としていた

本項下欄では、2. について2006年3月20日廃止時点での内容を記している。


さかいちょう
坂井町
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
三国町丸岡町春江町坂井町坂井市
現在の自治体 坂井市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
坂井郡
団体コード 18366-1
面積 31.70km²
総人口 12,953
(2005年国勢調査)
隣接自治体 あわら市・丸岡町・春江町
福井市・三国町
町の木 ケヤキ
町の花 カーネーション
坂井町役場
所在地 919-0592
福井県坂井郡坂井町下新庄1-1
(現在の坂井市坂井町下新庄1-1)
座標 北緯36度10分01秒
東経136度13分54秒
旧・坂井町の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

坂井町(さかいちょう)は、かつて福井県北西部に位置し、福井平野の中にあり水田が広がる

2006年3月20日、同じ坂井郡三国町丸岡町春江町と合併し坂井市となった。新市役所は当面、4町のうち最も人口が少ないながらも地理的中心であった坂井町の庁舎を使用する。

目次

地理編集

福井県の北部、福井平野の中にある町。目立った起伏は町西端を流れる九頭竜川など河川の築堤程度しかない。

隣接していた市町村編集

歴史編集

行政編集

  • 町長 伊藤平一郎(2003年から)

経済・産業編集

  • 産業別人口(2005年国勢調査)
    • 第一次産業  688人
    • 第二次産業 2,499人
    • 第三次産業 3,923人

農業編集

  • 町の約3分の2を占める耕地面積のほとんどが稲作、大麦大豆の三種で占められる穀倉地域。2ha以上の耕地を持つ比較的規模の大きな農家が多い。

商業編集

  • 北陸各県の郊外を中心にワンフロアの大型店舗を展開している量販店、PLANTの本部がある。幹線道路沿いの本社敷地内に1店舗を開設し、その周辺を含め町の商業の中心地となっているほか、すぐ北側にある道の駅さかいには町のコミュニティ施設を併設しており、福祉バスの拠点ともなっているため同町で最も人が多く集まる地域である。

姉妹都市・提携都市編集

地域編集

健康編集

  • 平均年齢 43.5歳(2005年国勢調査)

教育編集

  • 福井県立坂井農業高等学校
  • 町立坂井中学校
  • 町立大関小学校
  • 町立木部小学校
  • 町立東十郷小学校
  • 町立兵庫小学校

交通編集

鉄道編集

  • 広範囲な連絡
    • 丸岡駅からは北陸本線普通列車で福井駅、または北隣(約5分)の芦原温泉駅(あわら市)にてJR西日本の特急列車に接続

バス編集

  • 京福バス
    • 丸岡町役場最寄の本丸岡から丸岡駅、町内を経由し芦原温泉駅へ向かう路線、福井駅から春江町西部および町内西端部を経て三国駅三国町)へ向かう路線を運行
  • 坂井町
    • 福祉バスを無料試行運行中、現在のところ利用者の制限はない。

道路編集

高速道路 なし
最寄のインターチェンジ:北陸自動車道 丸岡IC
一般国道 なし
都道府県道
町内を走る都道府県道:
福井県道・石川県道5号福井加賀線
福井県道9号芦原丸岡線
福井県道10号丸岡川西線
福井県道20号三国春江線
福井県道29号福井金津線
福井県道103号福井三国線
福井県道106号三国丸岡停車場線
福井県道109号南横地芦原線
福井県道154号高柳谷地線
福井県道159号長畑金津線
福井県道257号坂井金津線

参考文献編集

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目編集