メインメニューを開く

坂井 英光(さかい ひでみつ、1975年4月11日 - )は地方競馬東京都騎手会2018年5月21日 - [1])に所属している騎手。父は元名古屋競馬場厩務員で、実弟に坂井薫人元騎手(現在大井競馬厩務員)。息子はJRA所属の騎手坂井瑠星[2]

坂井英光
Hidemitsu-Sakai20110106.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県
生年月日 (1975-04-11) 1975年4月11日(44歳)
血液型 A型
騎手情報
所属団体 特別区競馬組合
所属厩舎 栗田裕光(大井)→東京都騎手会[1]
勝負服 青・桃山形一文字
初免許年 1995年
免許区分 平地
経歴
所属 物井榮(大井)→栗田裕光(大井)→東京都騎手会
テンプレートを表示

いわゆる「栗田一門」門下であり、現役騎手では赤嶺亮早見多加志脇本一幸、また引退した市村誠(現調教師)が同門に当たる。

目次

来歴編集

大井・物井榮厩舎所属としてデビュー。初騎乗は1995年4月11日で、翌1996年には全日本新人王争覇戦に出場したりもしたが、しばらく成績は伸び悩み、2000年には27勝をマークしたが翌2001年には14勝と大きく後退するなど一進一退の状況が続いた。しかし2003年の後半ごろから徐々に上昇のきっかけを掴むと、翌2004年から一気にブレイク。62勝で南関東13位までジャンプアップした。

2005年は83勝で南関東10位、そして2006年には自身初となる年間100勝超え(103勝)を果たし、南関東7位にランクイン。大井競馬での成績に限れば2005年・2006年ともに3位であり、内田博幸的場文男のスタージョッキーに続く位置まで上り詰めた。

2006年1月7日中山競馬場第1競走で中央競馬初騎乗(16頭立て8着)。同日の第9競走でアヤパン(16頭立て5番人気)に騎乗し、5戦目で中央初勝利を挙げた。

成績が伸び始めてもなぜか重賞には縁がないままであったが、2007年1月17日ニューイヤーカップ浦和競馬場) でレッドドラゴン号を優勝に導き、悲願の重賞初制覇を遂げた。

2007年4月22日東京競馬場フローラステークス (GII) で中央重賞初騎乗(14番人気10着)。その後、同年の七夕賞関屋記念2008年日経賞2009年青葉賞2010年共同通信杯カペラステークスに騎乗しているが中央重賞は未勝利である。

2010年1月3日川崎競馬第10競走宝船特別で、ムーンライトクロスに騎乗して勝利、地方競馬通算1000勝を達成した。

2011年1月23日午前7時ごろ、大井競馬場で調教中に馬が転倒し落馬[3]。頭蓋底骨折、両肺挫傷、第8胸椎圧迫骨折で全治3か月と診断された。

2018年5月21日付で栗田裕光厩舎から東京都騎手会(中央競馬フリー騎手に相当)所属に変更となった[1]

主な騎乗馬編集

出典編集

  1. ^ a b c 坂井 英光騎手の所属きゅう舎変更について”. 東京シティ競馬 (2018年5月18日). 2018年5月26日閲覧。
  2. ^ 【栗東通信】新人・坂井騎手に注目”. デイリースポーツ (2016年3月2日). 2016年3月5日閲覧。
  3. ^ “【佐々木竹見C】坂井英光が負傷…的場文男が出場へ”. スポーツニッポン新聞社. (2011年1月24日). https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2011/01/24/kiji/K20110124000108720.html 2018年5月26日閲覧。 

外部リンク編集