メインメニューを開く

坂口 正芳(さかぐち まさよし、1957年8月18日[1] - )は、日本の警察官僚東京都出身。第26代警察庁長官

経歴編集

東京都立日比谷高等学校[2]東京大学法学部を卒業後、1980年に警察庁に入庁した。交通警察関係に長く関わり[3]警視庁交通部長を務める[4]

広島県警察で署長を務めていたとき、勾留中の少年が逃走した際に辞職を考えたことがあったという[3]

また、大阪府警察刑事部長時代に泉南郡熊取町小4女児誘拐事件(2003年)の発生に遭遇、2011年に大阪府警察本部長として再度関わる立場となったが、未解決のまま大阪府警を離れた[5]

警察庁長官官房総括審議官、大阪府警察本部長、警察庁長官官房長(2013年1月就任)などを歴任[4]警察庁次長(2015年1月就任)を経て、2016年8月10日より2018年1月17日まで警察庁長官を務めた。後任は栗生俊一[6]

略歴編集

  • 1994年3月18日 大阪府警察警務部参事官
  • 1995年8月28日 警察庁交通企画課理事官
  • 1997年3月28日 警察庁会計課企画官
  • 1999年2月12日 警視庁一方面本部長兼警務部参事官
  • 1999年7月15日 警察庁長官官房
  • 2001年9月10日 秋田県警察本部長
  • 2003年1月31日 大阪府警察刑事部長
  • 2004年8月20日 警察庁刑事局組織犯罪対策部企画分析課長
  • 2006年4月5日 警察庁長官官房会計課長
  • 2008年4月14日 警視庁交通部長
  • 2009年3月31日 警視庁警務部長
  • 2009年6月26日 警察庁長官官房総括審議官
  • 2011年10月25日 大阪府警察本部長
  • 2013年1月25日 警察庁長官官房長
  • 2015年1月23日 警察庁次長
  • 2016年8月10日 警察庁長官
  • 2018年1月18日 辞職
  • 2018年5月1日 日本生命保険相互会社特別顧問[7]
  • 2019年6月21日 日本碍子監査役[8]

脚注編集