メインメニューを開く

坂 広秀(さか ひろひで)は、戦国時代武将毛利氏の重臣。坂城主。本姓大江氏。通称は長門守。坂広時の子とされるが、兄・広明の子で広時の養子ともいう。

 
坂広秀
時代 戦国時代
生誕 不詳
死没 大永4年(1524年
改名 信常広秀→坂広秀
官位 長門
主君 毛利興元幸松丸元就
氏族 大江姓毛利氏庶流坂氏
父母 父:坂広時または坂広明
兄弟 広明? 、広秀元昌
坂元祐
テンプレートを表示

生涯編集

坂氏は、戦国初期の毛利氏において、代々執政として支えた毛利氏の庶家である。しかし、広秀の代には、坂氏の庶流の志道氏当主・志道広良が重用され、坂氏本家は弱体化しつつあった。

大永2年(1522年)に毛利氏当主・毛利幸松丸の後見人であった毛利元就が、尼子経久の圧力もあって坂一族の坂広時を粛清したのちに、坂広秀は坂氏の家督を継いだと推測される[1]。大永3年(1523年)に幸松丸の死去によって、毛利元就の家督相続を要請する連署起請文に署名した15人の宿老の中にも、広秀の名が見える[2]

しかし、大永4年(1524年)に坂広秀は元就の異母弟・相合元綱を担いだクーデターを起こそうとするも失敗し、元就によって誅殺された。なお、この坂広秀の謀反により、坂広秀の一族(兄?)である桂広澄も自刃している。 このクーデターには出雲国尼子氏石見国国人の高橋氏が、裏で糸を引いていたともいわれる。

坂氏の嫡流は志道広良の子志道元貞が継承。広秀の子・坂元祐平賀隆宗を頼って落ち延び、後に帰参して毛利家臣となり別家を建てた。江戸期に坂氏の一族は、元貞と元祐の系統など大組に二家、無給通に二家、萩藩の重臣の家臣[3]徳山藩[4]に庶子家がある。

脚注編集

  1. ^ 坂氏の家督を継ぐ前は信常氏(延常氏)を称した。
  2. ^ この時連署状に署名した15名の宿老は、署名順に福原広俊中村元明坂広秀渡辺勝粟屋元秀赤川元助(元保)井上就在井上元盛赤川就秀飯田元親井上元貞井上元吉井上元兼桂元澄志道広良
  3. ^ 吉敷毛利氏問田益田氏の家臣に、坂姓が見られる。防長風土注進案 12 山口宰判 上 326項、418項
  4. ^ 坂広秀の弟・元昌の系統と伝わり、元昌の孫・直重が徳山藩初代藩主・毛利就隆に仕えたとされる。この流れを西の坂と云う。

参考文献編集

  • 「萩藩諸家系譜」マツノ書店
  • 「萩藩閥閲禄」
  • 「防長風土注進案」12 山口宰判 上 山口県文書館
  • 「毛利家文書420号」東京大学史料編纂所