メインメニューを開く

坂庭 省悟(さかにわ しょうご、 1950年1月20日 - 2003年12月15日)は日本ブルーグラス歌手、フォークシンガー、作曲家。

坂庭 省悟
別名 坂庭しょうご
坂庭賢享
生誕 1950年1月20日
出身地 日本の旗 日本
死没 (2003-12-15) 2003年12月15日(53歳没)
学歴 京都産業大学
ジャンル フォークソング
ブルーグラス
職業 シンガーソングライター
ギタリスト
担当楽器
ギター
マンドリン
バンジョー
活動期間 1969年 - 2003年
共同作業者 マヨネーズ
はしだのりひことクライマックス
ザ・ナターシャー・セブン
フォークス
SAM
ウェバリー・ブラザース
ヒューマン ズー

高石ともや杉田二郎はしだのりひこらとともに関西フォークシンガーの旗手的な役割をなした。プロデビュー時に楽曲の提供を受け、1971年のヒット曲で『花嫁』作詞・作曲のコンビを組んだきたやまおさむとの親交も長く、きたやまの著作にもエピソードが残されている[1]

目次

経歴編集

デビュー以前編集

1965年、高校入学。高校ではブラスバンド部に所属。サックスを担当するも、ドラムスを密かに自主練習。高校のブラスバンド部の先輩のバンドで、ギターに触れる。

京都会館第二ホールで行われた『第一回 TAKE IVY キャンペーン(ヴァンヂャケット主催)』のライブで、同志社大学の学生・藤原洪太らの「ドゥディ・ランブラーズ」(後にはしだのりひこも参加)が唄ったアメリカン・フォークソングに魅了される[2]

京都産業大学に入学後、城田じゅんじと出逢う。

「マヨネーズ」でプロデビュー編集

1969年大谷大学在学中の中嶋陽二(中島要次)、立命館大学在学中の箕岡理とともにはしだのりひことシューベルツの弟分フォークグループ、マヨネーズを結成。同年8月15日、びわ湖サンケイバレイ(現在の「びわ湖バレイ」)での第4回フォークキャンプに参加。京都市の「円山公園野外音楽堂」での打ち上げコンサートで、「フォギー・マウンテン・ブレイク・ダウン」、「いなかへ行こう」、「砂にまみれて」、「綿つみの唄」を演奏[3]。これらの音源を収録した「第4回フォーク・キャンプコンサート」がURCから、1969年、発売された。

1970年、坂庭、中嶋、箕岡の3人で、東芝EMIより「男の子だから/いなかへ行こう」でレコードデビュー。 「男の子だから」は、北山修作詞・中島要次作曲、「いなかへ行こう」は北山修作詞・作曲。有馬敲作詞、岩井宏作曲の「ゆあそび」という子ども向けの詩を演奏して、同年4月に「ぼくのしるし わらべうた24」(URC)として、レコード化している。

はしだのりひこ&クライマックス参加編集

1970年、マヨネーズで一緒だった中嶋陽二とともに「はしだのりひこ&クライマックス」に参加。きたやまおさむ作詞の『花嫁』に曲をつけ、ミリオンセラーとなる。

1971年、『花嫁』で第22回NHK紅白歌合戦に出場。

ザ・ナターシャー・セブン時代編集

「クライマックス」解散後、真面目に大学に行こうと決心するも、1973年、城田が参加していた「高石ともや&ザ・ナターシャー・セブン」に参加。ハイテナーのコーラスと、マンドリン、ギターで活躍。

フォークス時代編集

1984年笠木透、安達元彦、進藤了彦、赤木一孝、松崎博彦の「フォークス」に参加。全国を草の根的に活動。フォークス時代は坂庭賢亨と名乗っていたが、その数多くのレパートリー(ほとんどは笠木が作詞)を作曲し、演奏(歌とギター)も含め、音楽的支柱として活躍。作曲に取り組みフォークス時代に88曲をつくる。「高石ともや&ザ・ナターシャー・セブン」時代に坂庭賢享名義で、きたやま作詞の「戦争を知らない子供たち‘83」に曲をつけ、フォークス在籍時にシングル版を自主制作[4]。1985年6月からフォークスの仲間と京都府立文化芸術会館で毎年1回、コンサート「博物詩」を1991年まで、7回続ける。

1990年代─様々なセッション編集

1992年、「SAM」を結成。この時期から、宮崎勝之、「ウェバリー・ブラザース」(中川イサト高田渡、坂庭省悟)、「ヒューマン ズー」(きたやまおさむ平井宏兼松豊赤木一孝・松崎博彦・坂庭・進藤了彦・城田)などさまざまなミュージシャンとのセッションを開始する。

1996年、『VINTAGE VOICE』(R.H.Y ) に参加。

1997年、『VINTAGE VOICE 2』に参加。きたやま作詞、坂庭作曲の『さよなら、青春』が東芝日曜劇場理想の上司」(1997年4月13日 - 6月29日放送)の主題歌に取り上げられる。初のソロアルバム『ぼくの古いギター』、城田とのデュオアルバム『力をあわせて』を発表。

1998年、17年振りに「高石ともや&ザ・ナターシャー・セブン」再会。毎年夏の宵々山コンサート、年に1回のコンサートツアーを再開。

デビュー30周年〜死去編集

1999年、デビュー30周年を記念したコンサートを京都、東京でひらく。これを機に Shogo BRAND.、Palm StringsRecords を立ち上げ、本格的なソロ活動を開始する。2枚目のソロアルバム『別れのうた』、デビュー30周年記念のライブアルバム『LIVE この想い』、宮崎勝之とのデュオアルバム『Battle One』を相次いで発表。12月、桂枝雀の追悼番組「夢のようなうつつのような」(NHK総合テレビ)の挿入歌に『この想い』ほか4曲が取り上げられる。 京都・都雅都雅で「8時間耐久ライブ」を始める。

2000年、 50歳を記念して、城田とのライブツアービデオ『fifty-fifty Live』を発表。

2001年、城田とのアルバム『Chikara wo Awasere vol.2』を発表。

2002年、1月NHK大阪ホール落成記念「上方演芸ホール 〜桂枝雀一門会〜」にゲスト出演「この想い」を唄う。

3枚めのソロアルバム『Hobo's Lullaby』を発表。

2003年、 映画『タカダワタル的』のためのライブに出演。宮崎勝之とのアルバム『Battle Two』を発表。12月15日癌により53歳で死去。

エピソード編集

8時間耐久ライブ編集

坂庭省悟と中川イサトらの呼びかけにより、京都で1999年から「年忘れ8時間耐久ライブ」として始めたイベント。2003年12月の坂庭の死後も継続。通称「ハチタイ」。

主な出演者

トリビュートアルバム編集

2006年1月20日、坂庭の誕生日にリリース。高田渡、茶木みやこ小室等有山じゅんじ、五十川清、平井宏、中川イサト、青木まり子、大西ユカリ、宮崎勝之、坂庭泰三、河合徹三、安達元彦、松田幸一、こむろゆい、ふたり乗り、代田幸子らがレコーディングに参加。

関連項目編集

外部リンク編集

編集

  1. ^ CDブック『今語る あの時 あの歌 きたやまおさむ ―ザ・フォーク・クルセダーズから還暦まで―』(インタビュー&テキスト前田祥丈、アートデイズ刊・2007年)
  2. ^ 坂庭省悟のエッセイ「『花嫁』のその後 逢いたい人に逢いにいく」(「神戸新聞」2002年8月31日掲載)
  3. ^ 「1969京都フォーク・キャンプ」 (EMIミュージック・ジャパン、1998年6月)楽曲リスト、「第4回フォーク・キャンプ・コンサート」(avex io、2003年10月)楽曲リストによる。
  4. ^ 最初のきたやまの詞は過激な内容を含んだもので、メジャーレーベルからの発売は難しいとの判断から、表現などをかなりソフトにしたものに改変された。ところが、それでもなお、某有名レーベルが「発売取りやめ」との結論に達したため、自主制作盤として名古屋労音からの発売となった。なお、2000年前後から、坂庭は自分のライブなどで、きたやまの当初のバージョンに近い形に戻した歌詞で歌うようになっていた。