メインメニューを開く

坂本 勝美(さかもと かつみ、1964年12月14日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・美浦トレーニングセンター(南)に所属していた元騎手、元調教師。現在JRA競馬学校教官。

坂本勝美
Katsumi-Sakamoto2010418.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県
生年月日 (1964-12-14) 1964年12月14日(54歳)
身長 158cm
体重 51kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 高木嘉夫(1984.3 - 1990.1)→
フリー(1990.1 - 引退)
初免許年 1984年
免許区分 平地
騎手引退日 1998年2月28日
重賞勝利 6勝
通算勝利 3599戦289勝
調教師情報
初免許年 1998年(1999年開業)
調教師引退日 2012年11月20日
経歴
所属 美浦T.C.
テンプレートを表示

来歴編集

1982年、3月より美浦・高木嘉夫厩舎所属の騎手候補生となる。

1984年、騎手免許を取得し、同厩舎よりデビューする。坂本は馬事公苑長期騎手課程の人物ではなかったが、同期に相当する騎手は木幡初広中舘英二出津孝一鹿戸雄一谷中公一らがいる。3月4日、初騎乗となった中山競馬場での第1レースでは、アイズに騎乗し8着だった。5月3日には障害競走に初騎乗した。5月20日東京競馬場で行われた第3レースをヤマキシーレインで制し、初勝利を挙げた。

1985年4月6日に障害初勝利を挙げる。

1988年東京障害特別(春)をセンゴクルビーに騎乗して制し、重賞初勝利を挙げる。

1990年、2月よりフリーとなり、9月30日クイーンステークスをウィナーズゴールドに騎乗して制し、平地重賞初勝利を挙げる。

1992年6月8日地方競馬で初騎乗する。

1995年9月15日に地方で初勝利を挙げる。

1997年、海外レース初騎乗となったクイーンエリザベス2世カップは、マイネルブリッジに騎乗し9着だった。

1998年、調教師免許を取得し、2月28日付で騎手を引退する。騎手成績はJRA通算3599戦289勝(重賞6勝)、地方通算21戦3勝。

1999年3月1日付けで12馬房で厩舎を開業する。3月27日、初出走となった中山競馬場での第5レースは、7番人気だったオリヴァーが8着となり、4月10日中京競馬場での第7レースを1番人気だったブランドキャリーが制し、延べ3戦目で初勝利を挙げる。

2000年3月27日浦和競馬場で行われたマルチファイター特別を2番人気だったコリーナデルナが制し、地方初出走で初勝利を挙げる。

2006年12月10日にJRA通算100勝を達成。

2007年、3月より草野太郎が厩舎所属でデビュー。12月16日ルルパンブルーが中山競馬場で行われたフェアリーステークスに優勝し、調教師として初の重賞勝ちを果たした。

2012年11月20日付で調教師を勇退。その後ミホ分場(茨城県美浦村)場長を経て、2015年10月よりJRA競馬学校教官に就任[1]

騎手成績編集

通算成績 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率
平地 282 300 267 3542 .080 .164
障害 7 11 5 57 .123 .315
289 311 272 3599 .080 .167
日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1984年3月3日 2回中山3日1R - アイズ 13頭 - 8着
初勝利 1984年5月20日 3回東京2日3R - ヤマキシーレイン - - 1着
重賞初騎乗 1985年6月9日 3回東京8日11R エプソムC キクカリュウセイ 11頭 5 6着
重賞初勝利 1988年2月13日 1回東京5日9R 東京障害特別(春) センゴクルビー 12頭 4 1着
GI初騎乗 1990年5月20日 3回東京2日10R 優駿牝馬 ハービンガー 20頭 15 7着

主な騎乗馬編集

調教師成績編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1999年3月27日 3回中山1日4R 4歳未勝利 オリヴァー 11 7 8着
初勝利 1999年4月10日 2回中京5日7R 5歳上500万下 ブランドキャリー 15 1 1着
重賞初出走 2000年2月19日 1回東京7日11R クイーンC ジェミードレス 16頭 7 3着
重賞初勝利 2007年12月16日 5回中山6日11R フェアリーS ルルパンブルー 16頭 11 1着
GI初出走 2000年10月15日 4回京都4日11R 秋華賞 ジェミードレス 18頭 9 6着

主な管理馬編集

関連項目編集