メインメニューを開く

坂本 幸男(さかもと ゆきお、のち改名して坂本日深(にちじん)、1899年(明治32年) - 1973年(昭和48年)2月10日)は、日蓮宗系の仏教学者僧侶岡山県津島生まれ。日蓮宗不受不施派の家系。祖父は坂本真楽(和平)。東京帝国大学文学部印度哲学科卒。東洋大学教授、1948年立正大学仏教学部教授、49年学部長、1954年「慧苑華厳教学の研究 特に教判論を中心として」で東北大学文学博士身延山久遠寺第八十四世・深見日円の弟子となり日深と改名。66年立正大学に法華経文化研究所を設立し所長となる。1968年立正大学学長。権大僧正

目次

著書編集

第1 阿毘達磨の研究
第2 大乗仏教の研究
第3 仏教論理と実践

編著編集

  • 『法華経の思想と文化』編 平楽寺書店、1965
  • 『法華経研究 4 法華経の中国的展開』編 平楽寺書店、1972

翻訳編集

参考編集