メインメニューを開く

坂本 権平(さかもと ごんぺい、文化11年(1814年) - 明治4年7月8日1871年8月23日))は、幕末土佐藩郷士直方

 
坂本権平
Sakamoto Gonpei.jpg
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化11年(1814年
死没 明治4年7月8日1871年8月23日
別名 :直方
土佐藩
父母 父:直足、母:
兄弟 龍馬、千鶴、栄、乙女
川原塚千野(川原塚堅作の娘)
春猪富太郎(早世)、南海男(養子)

人物編集

坂本直足の長男として生まれる。坂本龍馬の兄で、龍馬とは22歳の年齢差がある。安政2年(1856年)12月4日に父の直足が死去して坂本家当主となり、幼き頃の龍馬の父代わりとなった。龍馬の土佐藩脱藩には断固反対の立場を取っていたが、のちに理解を示し、資金援助という形で龍馬の志士活動を陰で支えた。しかし、国を奔走して暗殺された弟の龍馬の死後、龍馬の未亡人となり土佐に訪れた楢崎龍を引き取ったが、弟の遺留品と多額な財産が目当てであり、未亡人であるお龍を苛めては追い出すという仕打ちをしたため、それを知ったお龍は3ヵ月後で土佐にいられなくなって出ていった。妻の千野とともに不仲な関係だったとされている。

家族編集

坂本権平を演じた人物編集