坂本 清俊(さかもと きよとし、1864年8月2日元治元年7月1日) - 1949年昭和24年)12月29日[1])は日本篤農家[2]政治家(奈良県南葛城郡会議員)、社会運動家。部落解放運動家阪本清一郎従兄弟[3]

人物編集

奈良県南葛城郡掖上村柏原(現在の御所市)の被差別部落出身。融和事業に取り組み、1912年、大和同志会の結成に参加して副会長となる[1]。柏原や奈良県内の自主的部落改善運動の中心を担った。従兄弟の阪本清一郎は坂本清俊の影響を大きく受けている[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 坂本 清俊とはコトバンク。2020年9月1日閲覧。
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』211頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年9月1日閲覧。
  3. ^ a b 阪本数枝にみる水平社とジェンダー大賀喜子、大阪市立大学「人権問題研究」8号、2008、45頁。2021年5月20日閲覧。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。