坂本糠手
時代 飛鳥時代
生誕 不明
死没 不明
主君 用明天皇崇峻天皇推古天皇
氏族 坂本
父母 父:坂本建日
テンプレートを表示

坂本 糠手(さかもと の あらて)は、飛鳥時代豪族。坂本建日の子とする系図がある。

経歴編集

用明天皇2年(587年丁未の乱において、大伴噛阿倍人平群神手らと共に物部守屋討伐軍に参加する[1]

当時、たびたび新羅から侵入を受けていた任那を救援するを伝えるため、推古天皇9年(601年)3月に大伴噛が高麗に糠手は百済に派遣され[2]、翌推古天皇10年(602年)6月に両者は百済経由で帰国した[3]

推古天皇18年(610年)新羅・任那の使人が来朝した際には、大伴咋・蘇我豊浦蝦夷阿倍鳥子と共に四大夫の一人として対応している[4]

系譜編集

  • 父:坂本建日[5]
  • 母:不詳
  • 妻:不詳

脚注編集

  1. ^ 『日本書紀』用明天皇2年7月条
  2. ^ 『日本書紀』推古天皇9年3月5日条
  3. ^ 『日本書紀』推古天皇10年6月3日条
  4. ^ 『日本書紀』推古天皇18年10月9日条
  5. ^ a b 鈴木真年『百家系図』巻30,坂本

参考文献編集