メインメニューを開く

坂本 里咲(さかもと りさ、1964年3月10日 - )は、東京都出身のミュージカル女優。元劇団四季所属。トキワ松学園出身。

さかもとりさ
坂本里咲
本名 坂本里咲
別名義 坂本理佐
生年月日 (1964-03-10) 1964年3月10日(55歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
血液型 O型
ジャンル 舞台
活動内容 ミュージカル・ストレートプレイ

目次

来歴・人物編集

高校生の時、『オンディーヌ』を観劇したことをきっかけに、劇団四季への入団を志望するようになる。

1982年、劇団四季研究所に20期生として入所。同期には、志村幸美土居裕子などがいる。『魔法をすてたマジョリン』の花嫁役でデビュー。その後も『人間になりたがった猫』のジリアン役のために歌の猛稽古を積むなど努力を重ね、劇団内でトップクラスの女優へと成長を遂げた。

里咲と書いて『りさ』と読むが、なかなか『りさ』と読んでもらえないため、入団後しばらくの間は『坂本理佐』の名前で活動していた。数年後、愛着がある本名の『坂本里咲』に芸名を改めた。

父親が読売巨人軍の広報担当をしていた関係で、大の巨人ファンである。子供の頃は、本気で読売巨人軍の選手になる事を夢みていたが、父親から「女性はプロ野球選手にはなれない」と説得させられ断念した。

まだ新人当時、「KIRIN 劇団四季編 感動をありがとう」のCMに出演した事がある(オーディション編・ありがとう編・初舞台編の3部構成になっている)。劇団現役でましてや新人の俳優が他企業のCMに出演するというのは、劇団四季の後先においてもかなり異例なことであった。このCMは、現在でも長野県大町市の四季演劇資料館にて流れている。

美女と野獣では、1995年の初演開始時はバベット役で東京公演初日から出演していたが、次第にベル役に定着。1998年3月21日の千秋楽にもベル役で出演している。2010年7月11日、新設された四季劇場「夏」のこけら落とし公演である「美女と野獣」にもベル役で初日から出演した。1995年の初演から、最もベル役を演じている女優である。

出演作品編集

CM編集

参考文献編集

  • 劇団四季会報誌ラ・アルプ 2000年7月号 フロントランナー
  • 劇団四季会報誌ラ・アルプ 2005年12月号 「間奏曲」イザベルを生きる幸せを抱きしめて
  • 劇団四季会報誌ラ・アルプ 2006年6月号 坂本里咲と散歩
  • 劇団四季会報誌ラ・アルプ 2008年3月号 煌めきの瞬間
  • 劇団四季会報誌ラ・アルプ 2010年7月号 ACTOR'S TIME