メインメニューを開く

九代目 坂東 三津五郎(くだいめ ばんどう みつごろう、1929年5月14日 - 1999年4月1日)は、日本歌舞伎役者、俳優。本名は守田 光伸(もりた みつのぶ)。長男は十代目坂東三津五郎。孫に二代目坂東巳之助守田菜生女優)がいる。

くだいめ ばんどう みつごろう
九代目 坂東三津五郎
Bandō Mitsunobu (Bandō Mitsugorō IX) 1951 Scan10012.jpg
坂東光伸時代(1951年)
屋号 大和屋
定紋 三ツ大 Mitsu Dai inverted.jpg
生年月日 1929年5月14日
没年月日 (1999-04-01) 1999年4月1日(69歳没)
本名 守田光伸
襲名歴 1. 坂東光伸
2. 四代目坂東八十助
3. 七代目坂東蓑助
4. 九代目坂東三津五郎
出身地 東京市
三代目坂東秀調
兄弟 四代目坂東秀調
七代目坂東又太郎
十代目市川高麗蔵
守田喜子八代目坂東三津五郎長女)
十代目坂東三津五郎
当たり役
歌舞伎
『蘭平物狂』の蘭平
「傾城反魂香」の浮世又平
舞踊
『舌出三番叟』
『六歌仙容彩』の喜撰法師
『越後獅子』

略歴編集

  • 1929年(昭和4年)5月14日 - 三代目坂東秀調の三男として東京に生まれる。
  • 1932年(昭和7年) - 『時雨の炬燵』勘太郎役で坂東光伸を名乗り初舞台。
  • 1935年(昭和10年) - 父・三代目秀調が死去し、六代目尾上菊五郎部屋子となり、師事することとなる。
  • 1949年(昭和24年) - 師事していた六代目菊五郎が死去。この後は菊五郎劇団の中心となった二代目尾上松緑に師事し、菊五郎劇団の一員として松緑らを支える。
  • 1955年(昭和30年) - 六代目坂東蓑助の長女・守田喜子と結婚し、同年4月歌舞伎座吉野山』の早見藤太で四代目坂東八十助を襲名。この後、『蘭平物狂』の蘭平、『四の切』の忠信など数々の大役で活躍した。
  • 1956年(昭和31年) - 長男・寿(十代目坂東三津五郎)誕生。
  • 1962年(昭和37年)9月 - 歌舞伎座で七代目坂東簑助を襲名。岳父・六代目蓑助が八代目坂東三津五郎に、長男・寿が五代目坂東八十助と三代同時の襲名だった。
  • 1975年(昭和50年)1月 - 岳父・八代目三津五郎が急逝。舞踊坂東流の家元となる。
  • 1987年(昭和62年)9月 - 歌舞伎座『六歌仙容彩』の喜撰法師、『傾城反魂香』の浮世又平、『釣女』の太郎冠者で九代目坂東三津五郎を襲名。
  • 1991年(平成3年) - 日本芸術院賞受賞。
  • 1999年(平成11年)4月1日 - 死去。享年69。

人物・芸風編集

先代・八代目三津五郎同様、敵役や老役を得意としており、芝居では『石切梶原』の六郎太夫、『源氏店』の蝙蝠安など脇役として舞台を引き締め、踊りでは『舌出三番叟』、『喜撰』、『越後獅子』などが知られていた。

舞踊家としても自主公演「登舞の会」を主催し、流祖三代目の初演作品の復活上演などを行っている。

演出編集