坂田東一

坂田 東一(さかた とういち、1948年昭和23年)11月24日 - )は日本官僚文部科学事務次官を経て、2011年平成23年)9月1日からウクライナ駐箚特命全権大使大阪府出身。

目次

来歴編集

東京大学工学部卒業、東京大学大学院工学系研究科機械工学専門課程修士課程修了。1974年科学技術庁入庁。科学技術庁科学技術政策局計画課企画官、文部科学大臣官房審議官、独立行政法人理化学研究所理事、文部科学大臣官房長文部科学審議官を経て、2009年7月14日から、2010年7月30日まで文部科学事務次官

退官後、文部科学省顧問を経て、2010年10月1日より社団法人日本原子力産業協会特任フェロー。2011年9月1日より、ウクライナ駐箚特命全権大使[1][2]モルドバ駐箚特命全権大使。2014年2月からロシアのクリミア侵攻がなされ、同年10月30日付で依願退官し、一般社団法人日本原子力産業協会特任フェローに戻った[3]

2015年6月26日一般財団法人日本宇宙フォーラム理事長に就任[4]。文部科学省科学技術・学術政策研究所シニアフェローや兵庫県参与も歴任[5]2017年3月、文部科学省における再就職等規制違反に関して文書厳重注意相当とされた[6]

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集

  • (日本語)大使のページ(在ウクライナ日本国大使館公式ホームページ)
先代:
銭谷真美
文部科学事務次官
第5代:2009年 - 2010年
次代:
清水潔