メインメニューを開く

坂道シリーズ

日本のアイドルグループ集団

坂道シリーズ(さかみちシリーズ)とは、秋元康がプロデュースする乃木坂46欅坂46吉本坂46日向坂46ら一連のアイドルグループおよび各プロジェクトの総称である[1][2][3][4][5]

坂道シリーズ
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2015年 -
レーベル N46Div.
Sony Records
事務所 乃木坂46合同会社
Seed & Flower合同会社
吉本興業グループ
共同作業者 乃木坂46
欅坂46
けやき坂46
吉本坂46
日向坂46
秋元康

坂道グループとも称される[6][7]

目次

概要

2011年、AKB48の公式ライバルとして秋元康プロデュースによる乃木坂46が結成された[8]。乃木坂46はデビュー後、AKB48とは一線を画して活動してきたが、2015年に「乃木坂46 新プロジェクト」として新グループ欅坂46[注 1]メンバー募集が発表されると、坂道シリーズという表記が使われるようになった[4]。また、坂道グループという表記も使用されている[9][10][11]

所属グループ

2019年4月1日 現在

グループ 活動開始日 CDデビュー グループカラー メンバー数 備考
乃木坂46 2011年8月21日[12] 2012年2月22日[13]     46
欅坂46 (漢字欅) 2015年8月21日[14] 2016年4月6日[15]     27
吉本坂46 2018年8月20日[16] 2018年12月26日     46[16]
日向坂46 2019年2月11日 2019年3月27日[17]     空色[18] 21 結成から2019年2月10日まで「けやき坂46」名義で活動[18]

この他、坂道合同オーディション合格者でグループへの配属に至らなかったため、引き続きレッスンを行っている「坂道研修生」がいる[19]

かつて存在していたグループ

グループ 活動期間 CDデビュー グループカラー 終了時点メンバー数 備考
欅坂46 けやき坂46 2016年5月8日[20] - 2019年2月10日[注 2] 2018年6月20日[注 3]    黄緑[18] 21 2019年2月11日からは「日向坂46」名義で活動

年譜

特色

AKB48グループとの関係性

AKB48グループとの相違点・共通点

これまで乃木坂46はAKB48との差別化を図り[21]、とくに欅坂はAKB48グループや乃木坂46とも異なる作品性を提示している[22]

選抜・兼任などグループ間での人事交流があるAKB48グループに対し、坂道シリーズはグループ間の選抜や兼任がなく[21]、「AKB48選抜総選挙」への坂道シリーズの参加や坂道シリーズとして類似のイベントの開催もしない[23]。舞台では、2018年秋に舞台「ザンビ」で乃木坂46、欅坂46、けやき坂46の3グループのメンバーが初競演した[24]。2014年から2015年にかけて交換留学生として乃木坂46の生駒里奈のAKB48チームBとの兼任およびSKE48チームEの松井玲奈の乃木坂46との兼任が実施されたが[25]、兼任の発表当初はメンバー、ファンから反対意見が噴出し[26][27]、公式ライバルとしてのグループの存在意義が問われる事態となった[28]

AKB48グループは2013年以降「ドラフト会議」として合同のオーディションを複数回行なっているが、坂道シリーズも、2018年夏に乃木坂46・欅坂46・けやき坂46の3グループが初の合同オーディションを開催した[29]

その他の差異としては、坂道シリーズは専用劇場を持たずに冠テレビ番組などがベースになっている点が挙げられる[30]

乃木坂46は1st「ぐるぐるカーテン」からAKB48グループと同様の選抜制がとられているが、欅坂46は全員選抜制がとられており、各シングルごとにメンバーのポジションが決められる[要出典]。坂道シリーズ共通の特徴としては選抜メンバー、ポジションが両グループの冠番組内で発表される点が挙げられる[要出典]。メンバーは番組の収録で選抜メンバーが発表された際に自身の選抜入りやポジションを知り、その模様が番組でオンエアされたタイミングでファンは選抜メンバーの陣容を知る[要出典]。また、両グループとも非選抜メンバーが各シングルのカップリング曲を担当するのはAKB48グループと同じだが、乃木坂46の非選抜メンバー(アンダーメンバー)やけやき坂46(ひらがなけやき)は日本武道館などの大規模会場での単独ライブや全国ライブツアーを行ったり、独自のCD作品を発表している[31][32]。特にけやき坂46は、当初は欅坂46の2軍的存在だったが、人気を獲得していき、2019年に日向坂46と改名して単独のグループとしてデビューすることとなった[33]

乃木坂46には選抜メンバーの中で主に前列に位置するメンバーを指す「福神(ふくじん)」制度がある[34]。2011年10月の制定当初は[35]、AKB48グループの「神7」に対して「日本の七福神」になぞらえた「(乃木坂)七福神」と称して7名が選ばれていたが、乃木坂46の4thシングル「制服のマネキン」で一人増えて「八福神」となって以降、最少は5、最多は14と各シングルごとに人数が変動し、数字はつけずに単に「福神(メンバー)」と称されるようになった。「神7」はファンの中から自然発生的に誕生した言葉であるのに対し、「福神」は選抜メンバー同様、乃木坂46運営が選出するものであり、毎シングルごとに入れ替わる[要出典]

メンバー

歴代キャプテン

乃木坂46

1. 桜井玲香(2012年6月17日 - )[36]

欅坂46

1. 菅井友香(2017年1月21日 - )[37]

吉本坂46

1. 河本準一次長課長)(任命時期不詳 - ) [38]

日向坂46

1. 佐々木久美(2018年6月3日 - )[注 4][39][40]

歴代副キャプテン

欅坂46

1.守屋茜(2017年1月21日 - )[37]

坂道合同オーディション

2018年6月1日、乃木坂46・欅坂46・けやき坂46の「坂道シリーズ3グループ合同オーディション」が開始された[41]

  • 応募資格:2018年7月9日時点で満12歳から満20歳で[42]、合格後速やかに上京・在住でき、株式会社ソニー・ミュージックレーベルズと専属契約を交わすことに支障のない女性[42]。2018年7月9日締切[42]
  • 応募総数:12万9182人(3グループ合計)[43]
  • 一次審査:書類選考[42]
  • 二次審査:カメラテスト(2018年7月14日 - 15日、東京 / 7月16日、札幌・仙台 / 7月21日、福岡・金沢 / 7月22日、鹿児島・新潟 / 7月23日、沖縄・静岡 / 7月27日 - 28日、大阪 / 7月29日、名古屋・香川)[42]
    • システムエラーのためLINE応募者のみを対象に再応募期間を設ける[44]
    • 再応募期間:2018年7月23日正午 - 7月25日正午[44]
    • 二次審査:2018年8月4日、東京・静岡・名古屋・仙台・金沢・沖縄 / 8月5日、大阪・札幌・福岡・鹿児島・新潟・香川[44]
  • 三次審査:面接(2018年8月11日、東京都内某所)[42]
  • 最終審査:実技(2018年8月19日、東京都内某所)[43]
  • 最終合格者:三次審査を通過した82名の候補者が自己アピールや歌唱審査、質疑応答などに臨み、3グループ合計で39名が合格[19][注 5]。倍率は3400倍[43]

2018年11月29日、合格者の加入グループが決定し、乃木坂46の4期生が11名、欅坂46の2期生が9名、けやき坂46の3期生が1名配属された[19]。メンバーの詳細は翌11月30日から順次、各グループの公式サイトで発表された[19]。また、2018年12月3日に日本武道館で乃木坂46が、12月10日には同所で欅坂46とけやき坂46が合同で、それぞれ「お見立て会」を開催し、新加入メンバーがファンの前で披露された[19]。なお、グループへの配属に至らなかった残る合格メンバーは「坂道研修生」として引き続きレッスンを受けることになった[19]

作品

脚注

注釈

  1. ^ 募集時のグループ名称は「鳥居坂46」
  2. ^ 実質的な最終活動日は2019年2月10日だが、けやき坂46最後のライブとして2019年3月6日に『日向坂46 デビューカウントダウンライブ!!』を行っている
  3. ^ アルバムデビュー。けやき坂46としてのシングルCDはリリースされていない
  4. ^ 「けやき坂46」時代も含む
  5. ^ 当初は38名と発表されたが[43]、39名に訂正と発表。

出典

  1. ^ “「日向坂46」電撃改名にメンバー大興奮 齊藤京子は夢実現で「命賭けて頑張る」”. Oricon News. (2019年2月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2129329/full/ 2019年2月15日閲覧。 
  2. ^ “無難な選考だった『吉本坂46』 秋元康プロデュースのイチかバチかはあるか?”. AERA dot. (2018年8月25日). https://dot.asahi.com/dot/2018082400031.html 2019年2月15日閲覧。 
  3. ^ “「今ならセンター空いてます!」秋元康が認めたAKB48公式ライバル“乃木坂46” 結成メンバーをオーディション”. Oricon News. (2011年6月29日). https://www.oricon.co.jp/news/89342/full/ 2019年2月15日閲覧。 
  4. ^ a b “乃木坂46、新グループは“鳥居坂” 坂道シリーズ第2弾1期生募集開始”. ORICON NEWS (オリコン). (2015年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2055057/ 2019年1月19日閲覧。 
  5. ^ “「日向坂46」吉本坂46とは”. Oricon News. http://yoshimotozaka46.com/about/ 2019年2月15日閲覧。 
  6. ^ “おじさんもアイドルに 秋元康プロデュース「吉本坂46」”. 産経新聞 (産経新聞社). (2019年1月8日). https://www.sankei.com/entertainments/news/190108/ent1901080006-n1.html 2019年1月11日閲覧。 
  7. ^ “坂道グループ、大混乱の「合同オーディション」 新メンバー加入イベントまで“興行”になる人気ぶり”. リアルライブ (株式会社アンカード). (2018年12月11日). https://npn.co.jp/article/detail/19131729/ 2019年1月25日閲覧。 
  8. ^ 斉藤貴志 (2014年5月29日). “乃木坂46という美しい世界(2/5)”. Deview. oricon ME. 2016年11月29日閲覧。
  9. ^ “長濱ねる写真集が11度目の重版 卒業発表受けて購入相次ぐ”. ORICON NEWS (オリコン). (2019年4月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2133105/full/ 2019年4月7日閲覧。 
  10. ^ “『坂道テレビ』に吉岡里帆、中村勘九郎、井上芳雄ら出演 「黒い羊」パフォーマンス写真も公開”. リアルサウンド (blueprint). (2019年3月19日). https://realsound.jp/2019/03/post-335509.html 2019年4月7日閲覧。 
  11. ^ 乃木坂46新内眞衣、後輩や欅坂46メンバーと念願の“鍋パーティー”を開催!”. allnightnippon.com (2018年12月26日). 2019年4月7日閲覧。
  12. ^ “AKB48の公式ライバル、乃木坂46のメンバー決定! 元ももクロ柏らも参加”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2011年8月22日) 2013年4月12日閲覧。
  13. ^ 乃木坂46「会いたかったかもしれない」PVに本家メンバー”. ナタリー (ナターシャ). (2012年2月8日) 2012年2月8日閲覧。
  14. ^ “「鳥居坂46」改め「欅坂46」誕生、1期生22名が決定”. ナタリー (ナターシャ). (2015年8月21日). http://natalie.mu/music/news/157793 2015年8月21日閲覧。 
  15. ^ “欅坂46、デビューシングル発表 握手会開催も決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年2月6日). http://mdpr.jp/music/detail/1562663 2016年2月6日閲覧。 
  16. ^ a b 吉本坂46正式メンバー46人発表 暫定センターはトレエン斎藤とスパイク小川 元NMB48も2人選出”. オリコン (2018年8月20日). 2018年8月20日閲覧。
  17. ^ けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名 - 乃木坂46 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年2月11日閲覧。
  18. ^ a b c “けやき坂46、「日向坂(ひなたざか)46」に改名をサプライズ発表 メンバーは歓喜”. 報知新聞社. (2019年2月11日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/20190211-OHT1T50125.html 2010年2月22日閲覧。 
  19. ^ a b c d e f “坂道合同オーディション合格者の配属先決定、12月には武道館でお見立て会”. ナタリー (ナターシャ). (2018年11月29日). https://natalie.mu/music/news/309972 2018年11月29日閲覧。 
  20. ^ 渡辺彰浩 (2016年9月12日). “欅坂46 長濱ねるは乃木坂46 秋元真夏に続く? “1.5期生”が示唆する「けやき坂46」の路線”. Real Sound. blueprint. 2016年9月12日閲覧。
  21. ^ a b 秋元康 (2016年10月12日). 西廣智一: “秋元康が明かす 欅坂46と乃木坂46が向かう先”. NIKKEI STYLE. 日経BP. 2016年11月29日閲覧。
  22. ^ 香月孝史 (2018年2月7日). “欅坂46の躍進と反響から考える、アイドルという「総合芸術」の可能性”. リアルサウンド. blueprint. 2018年3月7日閲覧。
  23. ^ “秋元康が坂道グループの総選挙実施について言及。「同じことはたぶん…」”. E-TALENTBANK (イータレントバンク). (2017年6月15日). https://e-talentbank.co.jp/news/37330/ 2017年10月10日閲覧。 
  24. ^ “乃木坂、欅坂、けやき坂が共演「ザンビ(仮)」追加キャスト6名が明らかに”. ナタリー (ナターシャ). (2018年9月29日). https://natalie.mu/stage/news/301548 2018年9月29日閲覧。 
  25. ^ 【AKB組閣】松井玲奈&生駒里奈が“交換留学生”に”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年2月24日) 2014年2月24日閲覧。
  26. ^ SKE・松井玲奈&乃木坂・生駒里奈の兼任で波紋……ファンが反対署名を開始”. RBB TODAY (イード). (2014年2月27日) 2014年2月27日閲覧。
  27. ^ 乃木坂46、丸山健志 「DISC1 (本編) 1:08:45 - 1:09:15」『悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46』スペシャル・エディション、東宝、2015年11月18日、Blu-ray。TBR-25431D。ASIN B0156IYSIU
  28. ^ 香月孝史 (2016年7月26日). “乃木坂46が求めた「コンセプト」 - 乃木坂46論 第7回 (1/2)”. BLOGOS. LINE. 2016年7月26日閲覧。
  29. ^ “乃木坂、欅坂、妹分のけやき坂が合同オーディション”. 日刊スポーツ. (2018年3月10日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201803090000768.html 2018年3月10日閲覧。 
  30. ^ 斉藤貴志 (2014年7月19日). “AKB48姉妹グループ超え!?乃木坂46の躍進と人気の理由”. ORICON STYLE (oricon ME). https://www.oricon.co.jp/news/2039975/full/ 2017年10月29日閲覧。 
  31. ^ 『乃木坂46 Merry Xmas Show 2016』選抜単独公演&アンダー単独公演レポート2016年12月28日(楽天ブックス)
  32. ^ けやき坂46 武道館3days完走、単独アルバムリリースもサプライズ決定2018年2月2日(Musicman-net)
  33. ^ けやき坂46が「日向坂(ひなたざか)46」に電撃改名」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年2月11日。2019年2月13日閲覧。
  34. ^ 「Book in Book 乃木坂46 全員集合名鑑」『AKB48×プレイボーイ2011』 集英社、2011年10月24日、131-137頁。ASIN B005VLKGQ6
  35. ^ ワイヤーアクション (2011年10月10日). “乃木坂って、どこ?|2011/10/10(月)放送”. TVでた蔵. 富士ソフト. 2016年2月7日閲覧。
  36. ^ 乃木坂46新選抜メンバー決定、フォーメーションも一新”. ナタリー (ナターシャ). (2012年6月18日) 2018年11月5日閲覧。
  37. ^ a b “欅坂46の菅井友香がキャプテンに就任、守屋茜は副キャプテンに”. ナタリー (ナターシャ). (2017年1月22日). http://natalie.mu/music/news/217766 2017年1月22日閲覧。 
  38. ^ “吉本坂46、デビュー記念イベントにファン殺到 休養から復帰のガンバレルーヤ・よしこに「おかえり」の声”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年12月27日). https://mdpr.jp/music/detail/1812629 2019年2月13日閲覧。 
  39. ^ “けやき46、佐々木久美がキャプテン就任 「欅共和国2018」開催も発表”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2019年6月3日). https://mdpr.jp/music/detail/1770739 2019年2月13日閲覧。 
  40. ^ @keyakizaka46 (2018年6月3日). "欅坂46公式Twitter" (ツイート). Retrieved 2018年6月3日 – via Twitter.
  41. ^ “乃木坂46×欅坂46×けやき坂46“坂道合同”新メンバー募集開始”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年6月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2112680/full/ 2018年9月24日閲覧。 
  42. ^ a b c d e f 坂道合同新規メンバー募集オーディション開催決定!”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC. 2018年9月24日閲覧。
  43. ^ a b c d “坂道合同オーディション38人合格 倍率3400倍”. 日刊スポーツ. (2018年8月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808190000694.html 2018年9月24日閲覧。 
  44. ^ a b c 【坂道合同オーディションのLINE応募に関しまして】”. 乃木坂46公式サイト. 乃木坂46LLC (2018年7月23日). 2018年9月24日閲覧。

外部リンク