坊ガツル

大分県竹田市にある高層湿原

坊ガツル(ぼうガツル)は、大分県竹田市にある標高約1,200mの高さに広がる盆地湿原九重連山の主峰久住山大船山等に囲まれており、阿蘇くじゅう国立公園に含まれる。坊がつる坊ヶつるツル坊がツル坊ヶツルなどとも表記する。名称の「坊」とは寺院(久住山信仰の中核である法華院。現在の法華院温泉)、「ツル」は「水流」で川のある平らな土地の意で、つまり法華院近辺の湿地帯といった意味の地名である。

三俣山から見下ろす坊ガツル
北側の林道より
坊ガツル湿原

タデ原湿原とともに、中間湿原として国内最大級の面積を有する湿原であり、「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」としてラムサール条約の登録湿地となっている。

坊ガツルは人によって環境が保たれている。古くは牧草地であったため、毎年春に野焼きが行われていた。そのため、大きな樹木が育たず、高山植物が保たれていた。現在でも高山植物のために野焼きが実施されている。

坊ガツルは、芹洋子NHKの『みんなのうた』で歌った「坊がつる讃歌」でも全国的に知られている。この歌は、もともとは広島高等師範学校(現:広島大学山岳部の部歌であったが、九州の山岳愛好家の間で歌われるようになったものである。湿原の南端には、法華院温泉がある。

坊ガツル湿原の概要編集

  • 位置:北緯33度6分、東経131度15分
  • 面積:53ha
  • 標高:1,230 - 1,270m
  • 湿地のタイプ:中間湿原
  • ラムサール条約の登録年月日:2005年11月8日
  • 所在地:大分県竹田市

外部リンク編集

座標: 北緯33度6分 東経131度15分 / 北緯33.100度 東経131.250度 / 33.100; 131.250