メインメニューを開く

坊城 俊政(ぼうじょう としただ)は、幕末公家、明治期の官僚華族

 
坊城俊政
Bōjō Toshitada.jpg
坊城俊政
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文政9年8月21日1826年9月22日
死没 明治14年(1881年9月16日[1]
主君 仁孝天皇孝明天皇
氏族 坊城家
父母 父:坊城俊明、養父:坊城俊克
兄弟 坊城俊迪勧修寺顕彰中御門経之
俊政芝小路豊訓芝山敬豊
波多野広善穂穙俊弘
小出英発
今園国映俊延芝山祐豊、録子、直、美津、式子、梓子、本田あふひ
養子:俊章
テンプレートを表示

目次

経歴編集

山城国京都坊城俊明の六男として生まれ、父の弟坊城俊克の養子となる[2][3]天保8年3月28日1837年5月2日)に元服し昇殿を許される[2]。安政4年5月15日(1857年6月6日)侍従となる[2]。以後、右少弁蔵人、御祈奉行、左少弁、賀茂下上社奉行、氏院別当、兼右衛門権佐右中弁などを歴任[2]

慶応3年12月9日1868年1月3日)王政復古を迎え、慶応4年3月29日(1868年4月21日)参議右大弁参与に就任[4]。以後、弁官事、兼内弁事、給禄取調御用掛、大弁、制度分局御用、大嘗会御用掛、式部長などを務め、明治4年8月10日(1871年9月24日)式部頭に就任[4]。以後、宮中の祭祀、典礼を司った[1]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b 『明治維新人名辞典』78頁。
  2. ^ a b c d 『公家事典』551頁。
  3. ^ a b c d e f g 『平成新修旧華族家系大成』下巻、469-471頁。
  4. ^ a b 『百官履歴 上巻』179-182頁。
  5. ^ 『平成新修旧華族家系大成』上巻、484頁。

参考文献編集

  • 修史局編『百官履歴 上巻』日本史籍協会、1928年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』下巻、霞会館、1996年。
  • 橋本政宣編『公家事典』吉川弘文館、2010年。