坊城俊良

日本の華族

坊城 俊良(ぼうじょう としなが、1893年明治26年)8月15日[1] - 1966年昭和41年)5月30日[1])は、日本の宮内官、神職華族伯爵)、皇太后宮大夫伊勢神宮大宮司

若年時の坊城俊良

人物・来歴編集

1893年、東京市で、伯爵・坊城俊章の四男として生まれる[1]学習院で学んだ[2]

兄・坊城俊徳の死去に伴い、明治44年(1911年)2月3日、伯爵を襲爵した[1][3]

1902年、侍従職出仕となり明治天皇に仕えた[2][4]。その後、大正天皇付となるがチフスに罹患して休職し、回復後、1914年9月17日[5]、主猟官に転じた[6]。式部官主猟課長、式部職儀式課長、式部次長、掌典次長などを歴任[1][2]

昭和21年(1946年)3月29日、皇太后宮大夫に就任し貞明皇太后に仕え、1951年12月31日まで在任[7]。その後、東京大神宮宮司伊勢神宮大宮司を務めた[8]

著作編集

親族編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i 霞会館 1996, p. 470–471.
  2. ^ a b c 人事興信所 1943, p. ホ6.
  3. ^ 『官報』第8284号、明治44年2月4日。
  4. ^ 『宮中五十年』11頁。
  5. ^ 『官報』第641号、大正3年9月18日。
  6. ^ 『宮中五十年』70-71頁。
  7. ^ 秦郁彦 2007, p. 69.
  8. ^ 『宮中五十年』著者略歴。
  9. ^ 井上角五郞『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]

参考文献編集

  • 人事興信所 編 『人事興信録』《下》(14版)、1943年。 
  • 霞会館 編 『平成新修旧華族家系大成』《下巻》吉川弘文館、1996年。 
  • 秦郁彦 編 『日本官僚制総合事典1868-2000』(2版)東京大学出版会、2007年。 

関連項目編集

日本の爵位
先代
坊城俊徳
伯爵
坊城家第3代
1911年 - 1947年
次代
華族制度廃止