メインメニューを開く

坊田 かずま(坊田 寿眞、ぼうた かずま、1902年(明治35年)10月10日 - 1942年(昭和17年)2月3日)は、日本の作曲家である。日本の教育の器楽合奏先駆者でもある。

来歴編集

1902年(明治35年)広島県安芸郡本庄村川角(現在の安芸郡熊野町川角)に生まれる。

1920年(大正9年)18歳で尋常小学校の教員となり、翌1921年(大正10年)雑誌『赤い鳥』への童謡募集に応募、入選をきっかけに音楽の道に進む。作曲だけではなく、日本各地に伝わり、当時楽譜がなかったわらべ歌の採譜編曲も行った。

1929年(昭和4年)東京の尋常小学校に赴任、日本では当時行われていなかった子供の器楽合奏を手がける。その指導風景は、この頃の海外版「アサヒグラフ」に於いて紹介されている。またこの年は「日本郷土童謡名曲集」をはじめ精力的に著書も出版した。

1942年(昭和17年)著書「日本の旋律と和声」を出版した後、結核により39歳で死去。

わらべうたの採譜編集

  • うさぎうさぎ
  • かごめかごめ
  • 天神さまの細道
  • ひらいたひらいた
  • てんてん手毬
  • 茶壺に追はれて

作曲編集

著書編集

  • 日本郷土童謡名曲集(東京岡田日栄堂)
  • 坊田壽真作曲集(詩と歌謡の社)
  • やさしい初等合唱と輪唱曲(東京新音楽出版社)
  • 日本の旋律と和声(音楽之友社