メインメニューを開く

坪井 善明(つぼい よしはる、1948年11月1日 - )は、ベトナム史学者、早稲田大学名誉教授。専攻はベトナム政治・社会史、国際関係学、国際開発論[1][2]

埼玉県生まれ。1972年東京大学法学部第3類(政治コース)卒業。1982年パリ大学社会科学高等研究院課程博士。1982年北海道大学法学部助教授、88年教授、89-91年、在ベトナム日本大使館専門調査員として外務省に出向。1997年早稲田大学政治経済学部教授、政治経済学術院教授。2019年定年退職。

1988年「フランスと中華帝国に対するヴェトナム帝国」で渋沢・クローデル賞、1995年『ヴェトナム 「豊かさ」への夜明け』でアジア・太平洋賞特別賞受賞。

2003年札幌市長選挙に出馬するも、5位で落選。

著書編集

  • 『近代ヴェトナム政治社会史 阮朝嗣徳帝統治下のヴェトナム1847-1883』東京大学出版会 1991
  • 『ヴェトナム 「豊かさ」への夜明け』岩波新書 1994
  • 『ヴェトナム現代政治』東京大学出版会 2002
  • 『ヴェトナム新時代 「豊かさ」への模索』岩波新書 2008

共編著・監修編集

翻訳
  • ルシアン・ビアンコ『中国革命の起源1915-1949』坂野正高訳 補訳 東京大学出版会 1989

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 研究者情報

外部リンク編集