メインメニューを開く

坪内 悟(つぼうち さとる、1974年12月10日 - )は、日本俳優放送作家パーソナリティラジオディレクターである。タイムリーオフィス所属。ポッドキャスト「たいむりぃっすん!」総合プロデューサー。

つぼうち さとる
坪内 悟
本名 坪内 悟
生年月日 (1974-12-10) 1974年12月10日(44歳)
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区
血液型 A型
職業 俳優放送作家パーソナリティラジオディレクター
活動期間 1994年 -
配偶者 なし
テンプレートを表示

目次

概要編集

映画監督に憧れ武蔵工業大学付属中学校・高等学校(現東京都市大学付属中学校・高等学校)在学中に映画サークルを設立するものの、演じる側に興味を持ち始めて1994年東京理科大学に入学すると演劇部に入部、俳優を志すようになる。

その後1997年新宿コマ劇場森進一特別公演『愛果てしなく』に出演。この時、同時に杉田かおるの付き人を経験。

1998年ニッポン放送入社。制作部のディレクターとして『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』や『オールナイトニッポン』などを担当。2001年に退社し(直後に『笑っていいとも!』の「ご先祖さまはエライ人」コーナーに坪内逍遥の子孫として出演)、文学座付属演劇研究所に入所、本格的に俳優活動を開始。

2009年より放送作家業も始め、超!A&G+の『能登麻美子・地球NOTE[1]、や川久保秀一のライブイベント『青山音楽倶楽部』、NHK-FM今日は一日“戦後歌謡”三昧』『miwa Presents ミューズノート』、テレビ朝日の『LoGiRL』、AbemaTVの『AbemaWaveサタデーナイト』などの構成を務める。

また、自身がパーソナリティーをするラジオ番組『平成POPオヤジーズ』(かわさきエフエム)ではラジオディレクターも務めたり、朗読公演の演出・舞台監督などもしている。

来歴・人物編集

東京都世田谷区出身。身長172cm、体重80kg。血液型A型、東京理科大学経営学部経営学科卒業。元ニッポン放送ディレクター。愛称は「つぼる」。

資格は剣道二段。趣味はB級グルメ探索、散歩、写真、マトリョーシカ絵付け。観世流を勉強中。

出演編集

テレビドラマ編集

映画編集

Webドラマ編集

DVD編集

バラエティ編集

ミュージックビデオ編集

CM編集

  • 日本コカ・コーラ『冷やしジョージア』「おつかれ、男たち・夏」編 - メイン出演
  • オリックス生命『新・キュア』「街頭演説」編
  • 日本コカ・コーラ『コカ・コーラ』 スタンプボトル篇
  • カラダボディマジック - 体験モニター
  • ミクシィ『モンスターストライク』 5周年「ヤバババーンを知る」編 

ナレーター・声の出演編集

舞台編集

  • 新宿コマ劇場 森進一特別公演『愛果てしなく』(1997年)
  • 文学座付属演劇研究所『わが町』(作:ソーントン・ワイルダー / 訳:森本薫 / 演出:岩村久雄、2002年)
  • 文学座付属演劇研究所『女の一生』(作:森本薫 / 演出:戌井市郎、2002年)
  • 文学座付属演劇研究所『僕の東京日記』(作:永井愛 / 演出:坂口芳貞、2003年)
  • KERA MAP#02『青十字』(作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ、2003年)
  • ビバノン『クラチョフさんは印度人』(作・出演:かわら長介 / 東野ひろあき、2004年)
  • Oi-scale『サイゴ』(作・演出:林灰二、2005年)
  • 回転OZORA『ORANGE68%』(作・演出:村上秀樹、2006年)
  • 回転OZORA『Nightbird』(作・演出:村上秀樹、2006年)
  • 回転OZORA『喧騒浜茶屋凪日記』(作・演出:村上秀樹、2006年)
  • 『ミランダ、あるいはマイ・ランド』(演出:眞鍋卓嗣(俳優座)、2007年)
  • 東京俳優市場二〇〇七 冬の陣』(2007年)
  • 回転OZORA『E.S.P. 〜especially seven presents〜』(作・演出:村上秀樹、2008年)
  • 時間堂『smallworldsend』(演出:黒澤世莉、2009年)
  • ttkプロジェクト(てにどう)『ディア・パーヴロヴィチ』(作・演出:工藤剛士、2009年)
  • てにどう『オール・アバウト・ラヴ』(作・演出:工藤剛士、2009年)
  • オフィスインベーダー『ヘルプマン!』(脚本・演出:なるせゆうせい、2010年)
  • シグナルズ『LOST PRINCESS』(作・演出:大山鎬則、2010年)
  • TBS主催『ジャンヌ・ダルク』(作:中島かずき / 演出:白井晃、2010年)
  • KAKUTA『グラデーションの夜』(脚色・演出:桑原裕子、2011年)
  • トレランス『アセンション日本』(作・演出:上杉祥三、2011年)
  • ビタミン大使ABC『ヒポクリティカル・アイランド』(作・演出:宮川賢、2012年)
  • 『タクシードリーマーズ』(2013年) ※公演中止
  • KAKUTA『ショッキングなほど煮えたぎれ美しく』(作・演出:桑原裕子、2013年)
  • KAKUTA『アイロニーの夜』(脚色・演出:桑原裕子、2013年)
  • ny企画『恋のエレクション』(作・演出:井上博貴、2014年)
  • 演劇ユニット「インスピッ!!」『BGにつぐ』(作・演出:亀田真二郎、2016年)
  • オフィスインベーダー『ヘルプマン! 監査編』(脚本・演出:なるせゆうせい、2017年)
  • 映劇『THE STAGE ラッキードッグ1 first luck+』(演出:鄭光誠、2018年) - ホーナス・オサリバン 役
  • 『わたしの、領分』(作・演出:松澤くれは、2018年)

ラジオ・ポッドキャスト編集

イベント編集

  • 『出張版!声優グランプリsupported by イオンシネマ Vol.1 金田朋子ができましたぁ〜VS明坂聡美のどうぶつずかん 〜ふたりで真面目にトークイベントやってみました(震え声)〜』 - 構成・MC
  • ミステリーファイトクラブvol.4 アリーナ家の狼2 〜魔女の棲む館(2013年) - プレイヤー
  • オケラジトークライブ トークゲスト

書籍モデル編集

  • 『珈琲日記』催川涼(2002年6月、新風舎 ISBN 4-7974-1985-7) - 表紙モデル
  • 『「笑の大学」の創り方』ぴあ
  • 『タイムスクープハンター OFFICIAL BOOK』学研
  • 『伝説の書II 勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』SDP

スタッフ業編集

放送・構成作家編集

放送編集

イベント編集


演出編集


ラジオディレクション編集


文筆編集


チラシデザイン編集

  • 東京俳優市場(第1回「2007」〜「2012年冬」)
  • Voice Collection(朗読公演)
  • Story Box vol.14(朗読公演)
  • RO-DOKU音戯草子2010 99のなみだ〜涙が心を癒す朗読会(朗読公演)


舞台監督編集

  • RO-DOKU 音戯草子(2010~2014)演出:きたむらけんじ・佐藤秀一・ほさかよう
  • RO-DOKU 音戯草子inホワイトチャペル(2017) 演出:伊藤マサミ


脚注編集

  1. ^ 第53回放送には、その回のテーマだったシェイクスピアの戯曲を翻訳した坪内逍遥にちなみ、フリートークコーナーに出演。
  2. ^ 再現ドラマ監督は横尾初喜

外部リンク編集