坪山奏子

坪山 奏子(つぼやま かなこ、1983年7月5日 - )は、フリーアナウンサーローカルタレント。元広島ホームテレビ(HOME)および元山陰放送(BSS)アナウンサー。血液型はA型、星座はかに座。

つぼやま かなこ
坪山 奏子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県尾道市
生年月日 (1983-07-05) 1983年7月5日(34歳)
血液型 A型
最終学歴 上智大学
職歴 山陰放送アナウンサー
2007年-2010年
広島ホームテレビアナウンサー
(2010年-2012年
フリーアナウンサー2013年-)
活動期間 2007年-2012年、2014年-
ジャンル 報道・情報
配偶者 天谷宗一郎
出演番組・活動
現在 週末喫茶 アサブランカ
過去 BSS時代 テレポート山陰
スマイル金曜日
ワンモアレシピなど
HOME時代 HOME Jステーション

目次

来歴編集

広島県尾道市で生まれ、後に広島市に転居して、広島大附属中学・高校へと進む。結婚式や地域イベントで司会をする母親の姿を見て育ったせいか、物心ついた時から「きれいな日本語を使える大人」が目標となり、アナウンサーに憧れを抱くようになっていった。

高校卒業後、上智大学法学部に進学する。法学部を選んだのは、アナウンサーになってニュース原稿を読むとき、政治や法律を理解していた方がいいと思ったからという。大学在学中、アナウンススクールに通い、放送局ばかり全国の11社を受けたが失敗。留年して再挑戦し、山陰放送(BSS)に採用された。

大学卒業後の2007年4月、BSSに入社。入社試験以来、ニュース番組をしたいと言い続け、ラジオ番組などで腕を磨いた結果、入社2年目にして『テレポート山陰』のキャスターに抜擢(ばってき)された。他にも、地上デジタル放送推進大使を務めてきたが、2010年3月にBSSを退社、HOMEに移籍した。なお、BSSの地上デジタル放送推進大使は同期入社の丸山聡美が引き継いだ。

2011年12月25日に広島東洋カープ天谷宗一郎選手と入籍したことを発表[1]。2012年4月で寿退社をすることになった。退社後、休止期間を経て『週末喫茶 アサブランカ』(広島ホームテレビ)でフリーアナウンサー・ローカルタレントとして活動。

エピソード編集

  • 読者モデル大井智保子は中学~高校時代の同級生[2]で、同じ広島東洋カープファンという共通点もある[3]
  • 上智大学時代の2004年、ミスソフィアCampus Navi賞を受賞した。
  • 大学在学時に、JCNコアラデイリーニュース』でアシスタントを担当したこともある。
  • BSSでの初登場はラジオ『しんじないと倶楽部』(同期入社の丸山聡美とともに出演)。
  • 2009年から2010年にかけてBSSテレビで随時放送された『ラッテちゃんダンス』に同期入社の丸山聡美とともに出演した。

HOMEでの担当番組編集

BSSでの担当番組編集

ラジオ編集

  • 坪・丸のハートがキラーン(2007年10月~2008年3月:毎月第3土曜17:15~)
  • スマイル金曜日(2007年2月15日~2009年4月3日)
  • 笑ラッテGo!Go!大感謝祭らんRUNクイズバス(2009年10月31日)
  • 中四国ライブネット
    • 「山陰発 2007総決算 教えて下さいあなたのニュース!!」(2007年12月29日)
    • 「山陰発 ふるさとの民話『とんとん昔があったげな…』」(2008年2月16日)
    • 「山陰発 バレンタインデースペシャル ザ・縁結び」(2009年2月14日)
    • 「山陰発 行くなら山陰!! 大満足の冬の旅」(2009年11月21日)
    • 「山陰発 山陰鍋三昧」(2009年2月6日)
  • ワンモアレシピ(2010年3月28日放送分まで)

テレビ編集

脚註編集

  1. ^ 広島・天谷、坪山奏子アナと結婚 デイリースポーツ 2011年12月28日閲覧
  2. ^ かんなおめでと~☆ 大井智保子の「ちほハピLife」 2010年7月5日
  3. ^ CARP vs 横浜 @マツダスタジアム 大井智保子の「ちほハピLife」 2010年4月30日