メインメニューを開く

坪田 十郎(つぼた じゅうろう、1867年9月12日慶応3年8月15日[1][2] - 1925年(大正14年)9月17日)は、日本政治家実業家

経歴編集

兵庫県姫路生まれ[3]。先代坪田十郎の養子。明治法律学校(現・明治大学)卒業[3]

実業家としては、兵庫県の伊藤長次郎家商業部の取締役となり、神戸市山手通りの開拓に従事した他、徳島瓦斯(現四国ガス)社長、播磨造船所(現IHI)監査役など、多くの企業の経営に参画した。

政治家としては、神戸市会議長、兵庫県会議員などを経て、1908年(明治41年)の第10回衆議院議員総選挙で神戸市2区から当選。1917年(大正6年)の第13回衆議院議員総選挙で神戸市2区、1920年(大正9年)の第14回衆議院議員総選挙では兵庫県1区から当選し、通算3期衆議院議員を務めた(立憲政友会)。

1925年(大正14年)9月17日死去。

脚注編集

  1. ^ 衆議院事務局『衆議院要覧 下巻 大正六年十一月』、1917年
  2. ^ 衆議院『第四十三回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1920年、6頁。
  3. ^ a b 『兵庫県代議士候補者人物評』14-18頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年3月6日閲覧。

参考文献編集

  • 田住豊四郎編『兵庫県代議士候補者人物評』県友社、1912年。
  • 『神戸の異彩 人物論』神戸新聞通信社、1920年。
  • 『日本歴史 第 398~403巻』日本歴史社、1981年。