メインメニューを開く

坪田 譲治(つぼた じょうじ、1965年 - )は、フジテレビ番組審議室担当局長。

つぼた じょうじ
坪田 譲治
生誕 1965年
東京都
出身校 早稲田大学法学部

人物編集

東京都出身。早稲田大学法学部卒業後、1989年入社[1]。元テレビプロデューサー。第二制作部・バラエティ制作センター時代から荒井昭博班に所属していた。

来歴編集

  • 2002年7月、笑っていいとも!6代目プロデューサー就任。基本的に先代の荒井昭博テイストで続けた。2004年1月にセット変更をした。
  • 2006年7月、編成制作局編成部異動により、今までプロデューサーとして担当していた番組の編成担当に就く。
  • 2009年6月、編成制作局編成業務センター部長に就任。
  • 2012年6月、編成制作局編成業務センター室長兼部長に就任。
  • 2014年1月、編成制作局次長に就任。
  • 2014年6月、放送文化推進局適正業務推進室長兼フジ・メディア・ホールディングス適正業務推進室長に就任。
  • 2017年7月、編成局制作センター第二制作室長に就任。
  • 2018年4月、編成局制作センター第二制作室担当局長就任。
  • 2019年7月、現職[2]

担当番組編集

現在放送している番組編集

Special Thanks名義

過去担当した番組編集

編成名義
企画名義
総合プロデューサー
  • FNS26時間テレビ(特番:2006年7月15日、7月16日放送)
    チーフプロデューサークイズ王としてグランドフィナーレに出演、QTシャツデザイン、しかし最後の最後に自分が出した指示が時間を追うごとにエスカレートしていってしまい、それに気づいた中居&高島アナを初め出演者全員の怒りに泣く泣く登場。遂にはドッキリに嵌められた。
プロデューサー
スーパーバイザー
ディレクター
協力プロデューサー

脚注編集