メインメニューを開く

垂井町立岩手小学校 (たるいちょうりついわでしょうがっこう) とは、岐阜県不破郡垂井町にある小学校である。

垂井町立岩手小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 垂井町
設立年月日 1873年
共学・別学 男女共学
分校 なし
学期 3学期制
所在地 503-2107
岐阜県不破郡垂井町岩手619-2
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

校区は岩手(字灯明の一部を除く)、大石、伊吹である。

敷地は竹中氏陣屋跡地であり、一部の児童は現存する櫓門を通って登下校をしている。

沿革編集

  • 1873年(明治6年) - 菁莪義校が開校。竹中氏陣屋の「菁莪堂」を校舎として使用。岩手村、大石村、伊吹村[1]の児童が通学する。
  • 1874年(明治7年) - 伊吹村が離脱し、伊吹学校[2]が開校。
  • 1876年(明治9年) - 校舎新築。
  • 1881年(明治14年) - 岩手小学校に改称する。
  • 1886年(明治19年) - 岩手尋常簡易科小学校に改称する。
  • 1889年(明治22年)- 岩手尋常小学校に改称する。
  • 1993年(明治26年) - 岩手尋常高等小学校に改称する。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 岩手村、大石村、及び相川村の一部(伊吹)が合併し、岩手村が発足。伊吹地区の児童が転入する。
  • 1941年(昭和16年) - 岩手国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年) - 岩手村立岩手小学校に改称する。
  • 1954年(昭和29年)
    • 9月1日 - 大高地区が関ケ原町、玉村今須村と合併し、改めて関ケ原町となる。大高地区の児童が関ケ原町立関ケ原小学校に転入する。
    • 9月10日 - 垂井町、表佐村、岩手村、府中村宮代村が合併し、改めて垂井町が発足。同時に垂井町立岩手小学校に改称する。
  • 1979年(昭和54年) - 新校舎(鉄筋コンクリート造)完成。
  • 1987年(昭和62年) - 体育館が完成。

脚注編集

  1. ^ 1889年に野上村と合併し相川村
  2. ^ 1881年に野上村の野上小学校と統合し、吹上小学校

関連項目編集

外部リンク編集