メインメニューを開く

垣根 涼介(かきね りょうすけ、1966年4月27日 - )は、日本小説家長崎県諫早市生まれ。長崎県立諫早高等学校筑波大学第二学群人間学類卒[1]

垣根 涼介
(かきね りょうすけ)
誕生 西山 陽一郎[1]
(1966-04-27) 1966年4月27日(53歳)
日本の旗 日本 長崎県諫早市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 筑波大学第二学群人間学類卒業
活動期間 2000年 -
代表作 『ワイルド・ソウル』(2004年)
君たちに明日はない』(2005年)
主な受賞歴 サントリーミステリー大賞(2000年)
大藪春彦賞(2004年)
吉川英治文学新人賞(2004年)
日本推理作家協会賞(2004年)
山本周五郎賞(2005年)
デビュー作 『午前三時のルースター』(2000年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

小学校6年生から小説を読み始め『月と六ペンス』に感動する。その後にトルーマン・カポーティガルシア・マルケスなどを読む[2][3]

高校卒業と同時に上京し、筑波大学に入学する[4]。卒業後リクルートに入社し[2]、『とらばーゆ』、『ビーイング』、『テクノロジービーイング』という求人情報誌3誌を受け持ち、インタビューやコピーを書く仕事をする[1]。2年で退職し[4]、1年間ブラブラしていた[1]。次に就職した商社は3か月で辞め[3]、その次に就職した近畿日本ツーリストには7年半勤務し、業界団体や奉仕団体などへの視察旅行の企画・立案を行った[1]

求人広告の制作で文章やコピーを書いていたのが作家になったきっかけだった[5]。1カ月間の研修で直後にディレクターになり、仕事毎に雇う関係スタッフたちに見くびられ統率できず、プロのことは何も分からないが、自分は文字で一つ抜きん出たものをつかみたいと、文章力が高いと思った純文学の本を読むようになる。1日1冊2年間で700冊の本を読んだが分野はミステリへも広がり読書自体にはまる[3][5]

やがて、バブル景気の28歳の時にローンでマンションを購入したが、景気悪化や転勤で返済のメドが立たなくなり破産の可能性も見える[3]。これではいけないと思い賞金を狙って、昼間は会社で働き、家に帰ってから小説を書くという生活を2年続けた[3]。そうして書き上げた初めての小説『午前三時のルースター』を『公募ガイド』で当時賞金の最高額のサントリーミステリー大賞に応募し、読者賞をダブル受賞する[3][2]。これで会社を辞めて専業作家となる[3]。2004年、『ワイルド・ソウル』で大藪春彦賞吉川英治文学新人賞日本推理作家協会賞を受賞し、史上初の三冠受賞を成し遂げる。2005年には『君たちに明日はない』で山本周五郎賞を受賞した。

人物編集

  • 散歩、水泳、ツーリング、ドライブが趣味[4][5]

作風編集

  • 近畿日本ツーリスト[1]での勤務時に添乗業務で気に入ったベトナムのホーチミン市を題材にしたのが『午前三時のルースター』である[6]
  • 主に「極限状態で自意識が覚醒する瞬間」をテーマにしており、そのほとんどがミステリーや冒険活劇もの(本人曰く第1の極限軸)。自分自身のサラリーマン時代を下敷きにして書いたリストラ請負人の話『君たちに明日はない』(本人曰く第2の極限軸)や、フィジーでのクーデターをモチーフにした恋愛小説『真夏の島に咲く花は』(本人曰く第3の極限軸)でもこのテーマを取り上げている。
  • 2013年の『光秀の定理』以降は歴史小説へ活動範囲を広げている。2016年の『室町無頼』では応仁の乱前夜の政治が機能しない無政府状態の日本を描いている。

受賞候補歴編集

作品編集

小説編集

ヒートアイランドシリーズ編集

  • ヒートアイランド(2001年7月 文藝春秋 / 2004年6月 文春文庫
  • ギャングスター・レッスン(2004年6月 徳間書店 / 2007年2月 徳間文庫 / 2010年4月 文春文庫)
  • サウダージ(2004年8月 文藝春秋 / 2007年8月 文春文庫)
  • ボーダー(2010年4月 文藝春秋 / 2013年1月 文春文庫)

君たちに明日はないシリーズ編集

  • 君たちに明日はない(2005年3月 新潮社 / 2007年10月 新潮文庫
  • 借金取りの王子(2007年9月 新潮社)
    • 【改題】借金取りの王子 君たちに明日はない2(2009年11月 新潮文庫)
  • 張り込み姫 君たちに明日はない3(2010年1月 新潮社 / 2012年3月 新潮文庫)
  • 勝ち逃げの女王 君たちに明日はない4(2012年5月 新潮社)
    • 【改題】永遠のディーバ 君たちに明日はない4(2014年9月 新潮文庫)
  • 迷子の王様 君たちに明日はない5(2014年5月 新潮社)

歴史小説編集

  • 光秀の定理(2013年8月 角川書店
  • 室町無頼(2016年8月 新潮社
  • 信長の原理(2018年8月 角川書店)

その他の小説編集

  • 午前三時のルースター(2000年4月 文藝春秋 / 2003年6月 文春文庫)
  • ワイルド・ソウル(2003年8月 幻冬舎 / 2006年4月 幻冬舎文庫【上・下】 / 2009年11月 新潮文庫【上・下】)
  • クレイジーヘヴン(2004年12月 実業之日本社 / 2007年1月 JOY NOVELS / 2008年4月 幻冬舎文庫)
  • ゆりかごで眠れ(2006年4月 中央公論新社 / 2009年3月 中公文庫【上・下】)
  • 真夏の島に咲く花は(2006年10月 講談社 / 2010年2月 講談社文庫
  • 月は怒らない(2011年6月 集英社) - 『小説すばる』連載の「戸籍係の女」を改題
  • 人生教習所(2011年9月 中央公論新社)
  • 狛犬ジョンの軌跡(2012年2月 光文社

エッセイ編集

  • 南米取材放浪記 ラティーノ・ラティーノ!(2006年4月 幻冬舎文庫)

映像化作品編集

テレビドラマ編集

映画編集

メディア出演編集

テレビ番組

出典編集

  1. ^ a b c d e f 垣根 涼介 様(本名:西山 陽一郎 様)【作家】” (日本語). 筑波大学基金. 筑波大学. 2018年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c 楽天ブックス著者インタビュー「月は怒らない」2013年7月27日閲覧
  3. ^ a b c d e f g 作家の読書道”. web本の雑誌. 2013年2月17日閲覧。
  4. ^ a b c 垣根涼介 Profile”. 垣根涼介公式サイト. 2013年2月17日閲覧。
  5. ^ a b c "宮崎美子のすずらん本屋堂". 宮崎美子のすずらん本屋堂 #44. BSイレブン. 2013年1月29日放送.
  6. ^ 垣根涼介公式サイト『午前三時のルースター』解説 2013年7月21日閲覧

外部リンク編集