メインメニューを開く

埋れた青春』(うずもれたせいしゅん、原題:L'Affaire Maurizius)は、1954年に製作・公開されたフランスの映画である。ドイツ出身であるヤーコプ・ヴァッサーマンの小説を基にジュリアン・デュヴィヴィエが監督、ダニエル・ジェランが主演した。「法廷もの」に分類される恋愛映画である。1955年に催行された第29回キネマ旬報ベストテンにおいて、外国映画部門で第4位に選出された[1]

埋れた青春
L'Affaire Maurizius
監督 ジュリアン・デュヴィヴィエ
脚本 ジュリアン・デュヴィヴィエ
原作 ヤーコプ・ヴァッサーマン
製作 アンリ・デューチュメイステル
出演者 ダニエル・ジェラン
マドレーヌ・ロバンソンフランス語版
エレオノラ・ロッシ=ドラゴ
アントン・ウォルブルックフランス語版
シャルル・ヴァネル
音楽 ジョルジュ・ヴァン・パリスフランス語版
ピエール・ラリュー
撮影 ロベール・ル・フェーヴル
編集 マルト・ポンサンフランス語版
製作会社 フランコ・ロンドン・フィルムS.A.
ジョリー・フィルム
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 東和商事
公開 フランスの旗 1954年6月4日
日本の旗 1955年4月5日
スイスの旗(フランス語圏)1954年11月4日
上映時間 110分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

あらすじ編集

スイスベルンに住む16歳のエツェル(ジャック・シャバッソール)は学校の帰り道で、1人の老年の男性(ドニ・ディネス)に後をつけられる様になった。その後、その男性が執拗に付き纏う様になり、とうとう家まで押しかけてくる。その男性は「モリジウス」と名乗り、エツェルの父親である検事・ヴォルフ(シャルル・ヴァネル)に息子の再審上告書を持ってきたのであった。この名についてエツェルは父親や使用人に尋ねるが、誰も答えてはくれなかった。ある日、エツェルは父方の祖母の家に遊びに行き、祖母にこの名について尋ねてみると、祖母はエツェルが生まれる以前の今から18年前に起こった事件の裁判について語り始めた…。

主な出演者編集

スタッフ編集

受賞とノミネート編集

映画祭・賞 部門 候補者 結果
第8回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭[2] 主演男優賞 シャルル・ヴァネル 受賞

脚注編集

  1. ^ 1955年度キネマ旬報ベストテン”. 2014年2月1日閲覧。
  2. ^ 8th Karlovy Vary IFF”. 2014年2月1日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集