埋地一家(うめちいっか)は、神奈川県横浜市に本部を置く博徒暴力団で、指定暴力団稲川会の二次団体。

埋地一家
設立 明治年間
設立者 渡辺仙太郎
設立場所 神奈川県横浜市
本部 神奈川県横浜市中区本牧原36-14 STビル
首領 貞方留義
上部団体 稲川会代紋.png稲川会

来歴編集

埋地とは外国人居留地を指す、ここは治外法権であり、総領事に断らないと官憲は入れなかった。

「埋地ノ仙太」こと渡辺仙太郎は、現在の鹿児島県の出身で、若い頃は船に乗っていたとする文献がある。経緯は不明だが居留地で賭場を開き、伊藤痴遊によると「居留地全体のカスリをとっていて明治20年前後に、毎日五百円位のカスリが入って来たのだから、先ず日本一のカスリ取り、というても可い」とされる。 その後、名跡が途絶えるが、昭和に入り港湾荷役業の藤木幸太郎(藤木企業創業者)が名跡を復活させ、埋地一家初代を名乗った。二代目の海岸の外峯勇は京浜兄弟会だったが、錦政会(現・稲川会)へ加入。

二代目の死後、再び名跡が途絶えたが40年以上の時を経て、2008年、稲川会直参の貞方留義が三代目を継承し名跡が復活した。

歴代総長編集

  • 祖 - 渡辺 仙太郎
  • 初代 - 藤木 幸太郎
  • 二代目 - 外峯 勇
  • 三代目 - 貞方留義(2008年~)

現幹部陣編集

  • 総長 - 貞方留義
  • 相談役(舎弟) - 高橋 進
  • 総長補佐(舎弟) - 齋藤 修
  • 総長補佐(舎弟) - 林 俊一
  • 理事長 - 松田真知
  • 本部長 - 黄 季雄
  • 幹事長 - 須藤 隆
  • 組織委員長 - 寺島元樹
  • 局長 - 高橋龍司
  • 執行部 - 細野力也
  • 執行部 - 浅岡 望
  • 執行部 - 中島広一

参考文献編集