メインメニューを開く

城ヶ崎 祐子(じょうがさき ゆうこ、1955年2月28日 - )は、元フジテレビアナウンサー、現:フリーアナウンサー秋田県秋田市出身。血液型はO型。趣味、特技はバレエとピアノ。

じょうがさき ゆうこ
城ヶ崎 祐子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 秋田県秋田市
生年月日 (1955-02-28) 1955年2月28日(64歳)
血液型 O型
最終学歴 東京外国語大学外国語学部英米語学科
所属事務所 フォニックス
職歴フジテレビアナウンサー
活動期間 1977年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ
出演番組・活動
過去3時のあなた
FNNスーパータイム
FNNモーニングコール
FNNスピーク
マーケティング天国』など

目次

来歴・人物編集

東京都立西高等学校東京外国語大学外国語学部英米語学科卒業後、1977年フジテレビに報道局所属のレポーターとして入社(当時の鹿内信隆会長の方針により、フジテレビがアナウンサーの正社員は男子しか採用していなかったため)。同期は益田由美桜井郁子1981年4月1日からアナウンサーとして正式に採用される。フジテレビの先輩である田丸美寿々も同じ東京外国語大学外国語学部英米語学科出身である。

フジテレビ時代はニュースキャスターとして常に冷静な語り口が売りだった。一方バラエティ番組ではニュース同様の冷静な語り口で毒舌を吐くキャラが受け、「FNS1億2000万人のクイズ王決定戦」では先輩アナの逸見政孝との掛け合いなどが人気を集めたほか、「アインシュタイン」では後輩アナの松尾紀子とのコンビでカルト的な人気を得た。

1983年4月から1985年3月までと1993年4月から1996年3月までの5年間ニューヨーク支社特派員となる[1]。二度目のニューヨーク勤務から帰国した後は広報局に異動し、『るろうに剣心』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』などアニメーション番組の広報を担当。1997年にフジテレビを退社。

フリー転向後は、NHK総合テレビで不定期に放送される星座に関するミニ番組「世界・星紀行」のナレーターや、保険会社メットライフ生命保険のCM出演などで活躍中。また、OGとして古巣フジテレビのアナウンススクール(アナトレ)講師も務めている。なお、遅くとも2014年秋頃まで共同テレビジョンに在籍してきたが、同社がタレントマネジメント事業を廃止したため、関連会社でもあるフォニックスに移籍した。

フジテレビ時代の担当番組編集

フリー転向後の出演番組編集

エピソード編集

  • FNNスーパータイム」を後輩の山中秀樹(現フリーアナウンサー)と共に担当していた頃、山中が実年齢よりもはるかに老けて見えていたため、視聴者から「年上の男性に生意気な口をたたく小娘」「(城ヶ崎は)アナウンサーのくせに上司に対しての礼儀も知らないのか!」とよく誤解されていたという。

関連項目編集

関連人物編集

  • 村上光一(元フジテレビ社長で大学の先輩)
  • 盛山毅(高校、フジテレビ時代の先輩)
  • 清原邦夫(高校、フジテレビ時代の後輩)
  • 智田裕一 同上
  • 富永美樹(大学、フジテレビ時代の後輩)
  • 木佐彩子(フジテレビ時代の後輩で、城ヶ崎と同じくアリコジャパンのCMに出演した)

脚注編集

外部リンク編集