城之内早苗

日本の女性歌手

城之内 早苗(じょうのうち さなえ、1968年5月17日[2] - )は、日本演歌歌手、元アイドル[3]。本名、木村 早苗(きむら さなえ)。旧姓、城之内おニャン子クラブ時代の愛称は、お城(おじょう)。旧所属事務所はプロダクション尾木であった。現在は個人事務所。所属レコード会社は徳間ジャパンコミュニケーションズ

城之内 早苗
出生名 城之内早苗
生誕 (1968-05-17) 1968年5月17日(55歳)
出身地 日本の旗 日本 茨城県神栖市(旧鹿島郡神栖町[1]
学歴 明治大学付属中野高校夜間部
ジャンル 演歌
職業 歌手
活動期間 1985年 -
レーベル CBS・ソニー
(1986 - 1990)
ポリスター
(1992 - 1994)
Y.J.サウンズ
(1995 - 1998)
zetima
(1999 - 2003)
Rice Music
(2004 - 2007)
ユニバーサルシグマ
(2008 - 2009)
テイチクエンタテインメント
(2010 - 2017)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
(2018 - )
事務所 フリー

茨城県鹿島郡神栖村(後に神栖町、現:神栖市)出身。明治大学付属中野高校夜間部卒業。

経緯 編集

幼少の頃より民謡三味線を習う。中学2年生の時に東京12チャンネル(現:テレビ東京)とCBS・ソニー主催の『全日本演歌選手権』に応募したのをきっかけにスカウトされる[1]

その後、1984年に「神栖町民音頭」をレコーディングした[1] 以外は特に何も音沙汰が無かったが、1985年5月、スタッフの勧めでフジテレビ夕やけニャンニャン』のオーディションコーナー、「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に出場。105点を獲得して見事合格を果たし、おニャン子クラブの会員番号17番となる[1]。在籍中から演歌歌手志向が強く、1986年6月に「あじさい橋」でソロデビュー[1]。メンバーでは唯一の演歌界進出となった。同曲はオリコンチャートにおいて、演歌で初の初登場1位の記録を作った[1]

同グループ解散後、文化放送走れ!歌謡曲』木曜日(水曜深夜)のパーソナリティや、フジテレビ『ものまね王座決定戦』にレギュラー出演、優勝も経験。

女優として1994年に放送されたナショナル劇場江戸を斬る(第8部)』に、ゆき役で出演。

1995年7月より地方局向けラジオ番組『城之内早苗のハートフル・ダイアリー』を担当中。

2001年7月リリース「うずまき音頭」は「アース渦巻香」(アース製薬)CMソングとなり、本人も出演。

2004年12月、36歳の時に、『夕やけニャンニャン』のディレクターで、『ものまね王座決定戦』のプロデューサーでもあった16歳年上の木村忠寛(現:フジテレビライツ開発局企画部長)と結婚[1]

2008年2月、レコード会社をユニバーサルシグマに移籍し、シングル「この街で」(テレビ東京『いい旅・夢気分』エンディングテーマ)をリリースした。

2010年9月22日、レコード会社をテイチクエンタテインメントに移籍し、移籍第一弾シングル「泣き砂 海風」を発売。USENリクエストチャートで歌謡曲、演歌部門さらには総合部門でも1位を獲得した。

2011年7月20日、西馬音内 盆唄を発売。日本三大盆踊りとして国指定重要無形民俗文化財にも指定されている、秋田県西馬音内の盆踊を題材にした曲である。

2016年11月18日、第58回日本レコード大賞日本作曲家協会奨励賞受賞することが発表された[4]

2018年9月26日、レコード会社を徳間ジャパンコミュニケーションズに移籍、シングル「よりそい蛍」を発売。

2019年10月23日、新録オリジナル・アルバムとして1987年発売の「石畳の街」以来、32年ぶりとなるニュー・アルバム「早苗歌」を発売。

2021年8月31日、全国の通信カラオケDAMにおいて、カラオケ演奏の曲間に配信している演歌・歌謡に特化した情報コンテンツ「DAM CHANNEL演歌」の5代目MCに就任。[5]

人物 編集

子供時代 編集

鹿島郡神栖町で会社経営をする父と母、4歳年下の弟の4人家族[6]。小学生の頃女子プロレスが大人気だったことから、当時はビューティ・ペアに憧れていた。当時はお転婆な性格で弟にプロレス技をかけて時々泣かしていたが、弟が他の男の子にいじめられると助けに行っていた[6]

小学4年生の頃に母が近所の人たちと民謡を習い始め、見学に行ったことで本人も習い始める。同時期に父に連れられていったスナックのカラオケで小林幸子の「おもいで酒」や石川さゆりの「津軽海峡・冬景色」などを歌うようになる[6]

芸能界入り 編集

中学2年生の時の「全日本演歌選手権」では、松原のぶえの「おんなの出船」を歌唱してテープに録音して応募したが、3次審査で落選[6]。しかし、CBS・ソニーから歌のレッスンへの参加を勧められ、当時市ヶ谷にあったCBS・ソニーに月2回のレッスンに通い始める[注釈 1]

2年後、CBS・ソニーから『夕やけニャンニャン』のアイドルオーディションコーナーへの誘いに躊躇したが、スタッフから「絶対に受からないから安心して」と言われ、軽い気持ちで参加を決める[6]。おニャン子クラブ加入後から忙しくなって実家から通えなくなったため、明治大学付属中野高校夜間部に転入、文京区白山のCBS・ソニーの寮で生活を始めた[6]

1987年に同グループの解散を機に本格的に演歌歌手として活動を始めるが、当時は「おニャン子にしては歌が上手い」というレベルであり、本人の中では、ミスしても誰かがフォローしてくれる、というおニャン子時代の甘さが抜けていなかった[6]。しかし先輩演歌歌手たちとの歌番組の収録で失敗したことで猛省し、その後の仕事では甘えず全力で取り組むことを決意[注釈 2]。その後は真剣に歌に取り組んだが空回りする日々が続き、次第に歌うことが楽しくなくなった。ある日スタッフからの勧めでちあきなおみのアルバム(詳細不明)を聴いたことで歌声に衝撃を受け、スランプから抜け出した[6]

エピソード 編集

  • 読売ジャイアンツで活躍した城之内邦雄は大叔父(祖父の弟)にあたる。
  • 俳優の地井武男とは親戚になる[7]
  • 出身地の茨城県に本拠を置くJリーグ鹿島アントラーズの熱狂的サポーターである。
  • 出身地である当時の神栖町を歌った「神栖町民音頭」(作詞:村田さち子、作曲:寺内タケシ)は、おニャン子クラブでデビューする前の1984年にレコーディングしたもので、市販の音盤は存在しない。
  • 国生さゆり曰く、おニャン子クラブのなかで一番歌が上手かった[8]
  • 夕やけニャンニャン」にて、当時放送中の「影の軍団」のファンであることをとんねるずにいじられていた。
  • おニャン子クラブのオーディションの際は、高校生でない河合その子と演歌の城之内とで、「私たちは絶対に受からないよね。もう会えないかもね。」と話して記念に一緒に東京タワーに上って別れた。その後、CBS・ソニーの寮で再会し2人ともビックリしたという[9][10]
  • 上記のこともあり、河合その子と仲が良く[1]、寮は1人部屋であったが布団を2枚敷いて一緒に寝ていた[10]。また、おニャン子クラブ解散後も城之内がフジテレビ『森田一義アワー 笑っていいとも!』内「テレフォンショッキング」に出演した際には河合から花が贈られた。
  • 自身と同じく元おニャン子クラブの布川智子とは高校の同級生でとても仲が良く、その布川も自身の後におニャン子のオーディションを受けて合格し、それから自身と同じくおニャン子のメンバーとなった。夜のヒットスタジオ初登場時、初恋の人と対面した城之内は、放心状態だった歌唱後、布川の兄の事務所の先輩だった近藤真彦に隣席でフォロー(今みんな拍手してるよ、と教えるなど)して頂いたと後日談にて語っていた。
  • 自身のYouTubeチャンネルでおニャン子のメンバーの歌をカバーする事もあり、動画の最後に「〇〇ちゃん、御免なさい。」と締めくくるのが恒例となっている。
  • 配偶者・夫は元フジテレビプロデューサー・演出の木村忠寛

ディスコグラフィ 編集

シングル 編集

# 発売日 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
1 1986年
6月11日
A面 あじさい橋 秋元康 見岳章 07SH-1783
B面 おニャン子クラブの
あぶな〜い捕物帳[注釈 3]
夢旅人
見岳章
見岳章
2 1986年
11月21日
A面 流氷の手紙 後藤次利 若草恵 07SH-1846
B面 代官山恋物語ラブストーリー
3 1987年
10月21日
A面 金沢の雨 見岳章 07SH-1991
B面 瞳坂・遅咲きスミレ 谷穂ちろる
4 1988年
5月21日
A面 とべないアヒル 荒木とよひさ 後藤次利 川口真 07SH-3036
B面 巣立ち
5 1989年
4月21日
A面 夢までTAXI 杉本真人 川村栄二 07SH-3270
B面 涙の友人
6 1990年
1月21日
01 雪ふりやまず たきのえいじ 四方章人 前田俊明 CSDL-3050
02 心の振り子 緑一二三 戸塚修
7 1992年
5月25日
01 くちびる 杉本真人 若草恵 PSDC-4005
02 ロマンティックに乾杯
8 1993年
8月25日
01 酔わせてよ今夜だけ 森高千里 斉藤英夫 PSDR-5023
02 渡良瀬橋 森高千里 斉藤英夫
9 1995年
4月26日
01 幸せになります PSDF-5004
02 止められない悲しみ 夏目結生
10 1996年
2月25日
01 都鳥ゆりかもめ 松本礼児 杉本真人 川口真 PSDF-5018
02 泣くだけ 泣いたら 蘭かおる 金田一郎 若草恵
11 1997年
8月25日
01 奥飛騨☆星の宿 岡西通雄
神坂薫
平尾昌晃 EPDE-3004
02 氷河期 荒木とよひさ 柴田遊 川村栄二
12 1999年
3月1日
01 恋桜 弦哲也 南郷達也 EPDE-1027
02 隅田川
13 2000年
7月26日
01 隅田川 EPDE-1082
02 白河夜船
14 2001年
7月18日
01 うずまき音頭 大田黒裕司 高橋諭一 EPDE-1091
02 隅田川 弦哲也 南郷達也
15 2002年
2月27日
01 雪肌草 EPDE-1096
02 冬の旅路
16 2002年
11月20日
01 大連の街から 中山大三郎 竜崎孝路 EPDE-1103
02 吟遊百景 松本礼児 岡千秋 前田俊明
17 2004年
11月26日
01 霧のかもめ唄 吉岡治 五木ひろし 川村栄二 PKCP-2004
02 華舞台 布施明 南郷達也
18 2006年
3月24日
01 シャボン玉 荒木とよひさ 浜圭介 今泉敏郎 PKCP-2018
02 北の駅舎
19 2008年
2月13日
01 この街で[注釈 4] 新井満 新井満
三宮麻由子
瀬尾一三 UMCK-5191
02 向日葵 幸克哉
20 2010年
9月22日
01 泣き砂 海風 喜多條忠 田尾将実 若草恵 TECA-12255
02 あじさい橋 ニューバージョン 秋元康 見岳章
21 2011年
7月20日
01 西馬音内 盆唄 喜多條忠 田尾将実 南郷達也 TECA-12293
02 遠い花火
22 2012年
7月25日
01 松山しぐれ 弦哲也 前田俊明 TECA-12351
02 恋して 伊予
23 2013年
6月19日
01 佐渡炎歌 竜崎孝路 TECA-12443
02 朝霧みなと 前田俊明
24 2014年
2月19日
01 白鷺の宿 南郷達也 TECA-12501
02 ランタンまつり
25 2015年
2月18日
01 空港物語 荒木とよひさ 三木たかし 矢野立美 TECA-12577
02 砂のしゃぼん玉
26 2015年
11月18日
01 おちょこ鶴 内田りま みちあゆむ 前田俊明 TECA-13644
02 七つ橋渡り 小宮正人 南部直登
27 2016年
12月14日
01 豆桜 喜多條忠 岡千秋 蔦将包 TECA-13727
02 気がつけばいつでも夕陽
28 2017年
11月15日
01 酔月夜 TECA-13804
02 おはぐろとんぼ
29 2018年
9月26日
01 よりそい蛍 かず翼 徳久広司 TKCA-91117
02 なみだ月
30 2019年
6月5日
01 恋待ち夜雨 石原信一 聖川湧 TKCA-91170
02 夕暮れ迷子 かず翼 桧原さとし 若草恵
31 2020年
1月29日
01 恋衣 石原信一 円広志 蔦将包 TKCA-91230
02 あなたで良かった かず翼 若草恵
2021年
2月3日
03 越冬つばめ 石原信一 篠原義彦 D.C.O TKCA-91335
(DX盤)
32 2022年
1月26日
01 しあわせワルツ たかたかし 三木たかし 若草恵 TKCA-91387
02 こころの手紙 伊藤薫 西村真吾

デュエット・シングル 編集

発売日 デュエット 曲順 タイトル 作詞 作曲 編曲 規格品番
2012年
7月25日
山本譲二 01 渋谷川 喜多條忠 弦哲也 前田俊明 TECA-12361
02 夢でも愛して
2013年
8月21日
01 忘れるもんか 南郷達也 TECA-12468
02 京都夜曲

アルバム 編集

発売日 タイトル 規格品番
1987年1月1日 冬芝居 32DH-590
1987年12月2日 石畳の街〜十九番目の冬〜 32DH-852
1988年7月21日 夏岬 15EH-8037
1990年10月21日 ヒット全曲集 CSCL-1605
1991年11月1日 ヒット全曲集'92 SRCL-2210
1995年5月25日 ベスト・セレクション PSCF-5002
1996年10月25日 ニュー・ベスト-都鳥- PSCF-5023
2001年1月24日 スーパーベスト-隅田川- EPCE-5086
2002年11月20日 GOLDEN☆BEST 城之内早苗 アーリー・ヒッツ MHCL-181
2005年10月26日 全曲集〜霧のかもめ唄〜 PKCP-2014
2010年4月28日 GOLDEN☆BEST 河合その子・国生さゆり・城之内早苗・渡辺美奈代・渡辺満里奈 MHCL-1736
2013年1月23日 ベストアルバム TECE-3128
2016年2月17日 TECE-3348
2017年12月13日 ベストアルバム〜豆桜〜 TECE-3480
2019年10月23日 早苗歌 TKCA-74811(初回限定盤)
TKCA-74812(通常盤)
2021年10月6日 全曲集〜恋衣〜 TKCA-74976

映像作品 編集

発売日 タイトル 規格品番
2006年8月30日 20周年記念DVD「愛をありがとう」 PKBP-2001
2011年7月20日 アイドル・ミラクルビジョン 国生さゆり・城之内早苗・河合その子 MHBL-164
2014年8月20日 映像シングルベスト〜カラオケつき〜 TEBE-35165

タイアップ曲 編集

楽曲 タイアップ
1995年 幸せになります テレビ東京系「いい旅・夢気分」EDテーマ
1997年 奥飛騨☆星の宿 安房トンネル開通記念イメージソング
2002年 吟遊百景 松本市市制95周年記念曲
2008年 この街で テレビ東京系「いい旅・夢気分」EDテーマ
2013年 佐渡炎歌 BS日テレ歌謡プレミアム」テーマソング
2018年 よりそい蛍

出演 編集

テレビ番組 編集

  • 夕やけニャンニャン(1985年5月 - 1987年8月、フジテレビ) - おニャン子クラブの一員として出演
  • 夕食ニャンニャン(1986年5月 - 9月、フジテレビ) - 同上
  • ものまね王座決定戦(1987年・第19回オールスター - 2000年・第25回爆笑!スター) - 1999年・第31回オールスターで優勝。
  • クイズ!年の差なんて(フジテレビ) - 不定期出演
  • 吉村明宏のクイズランチ(TBS) - 不定期出演
  • TKUカラオケ選手権(1991年7月 - 1993年10月、テレビ熊本) - 司会
  • パラダイスぽんち(1995年1月2日 - 1月26日、フジテレビ)
  • 演歌で乾杯(1996年12月 - 1997年3月、地方13局ネット) - アシスタント
  • 食チャンネル 坂本廣子・城之内早苗の安心かんたん介護食〜炎のない料理〜(2000年8月 - 10月、SKY Perfec TV!・Direc TV)
  • みんなのうた(2000年12月 - 2001年1月、NHK) - ラーメンどんぶり流れ唄(with 湯原昌幸)
  • 城之内早苗の歌謡音楽館(2007年1月 - 2008年3月、テレビ埼玉) - レギュラー
  • 早苗とみゆきの歌謡音楽館(2008年4月 - 6月、テレビ埼玉) - レギュラー
  • ときめき歌謡曲(2008年7月 - 2011年6月、テレビ埼玉) - レギュラー
  • あさイチ(2011年1月 - )- コメンテーターとして月3回ほど出演。
  • 秘密のケンミンSHOW日本テレビ) - 茨城県出身として出演
  • にっぽんの歌(テレビ東京)
  • 新・BS日本のうたNHK BSプレミアム) - 不定期出演
  • 趣味どきっ!「たちまちスマホの達人」①・②(①・2023年4月 - 5月、②・6月 - 7月、NHK教育) - レギュラー生徒

テレビドラマ 編集

  • 月曜ドラマランド「おニャン子学園危機イッパツ・とんだ放課後」(1986年5月12日、フジテレビ) - めぐみ 役
  • 木曜ドラマストリート「あぶない課外授業」(1986年6月12日、フジテレビ)
  • 月曜ドラマランド「おニャン子捕物帳 謎の村雨城」(1986年12月8日、フジテレビ) - 主演
  • 江戸を斬る(第8部)(1994年1月31日 - 7月25日、TBSテレビ) - ゆき 役
  • 龍飛岬に消えた殺人者(1997年6月21日、テレビ朝日)

ラジオ 編集

  • わが人生に乾杯!(2006年2月1日 - 、NHKラジオ第1) - 4週に1回アシスタントとして出演。
  • 城之内早苗のお夜食ないと(1986年10月12日 - 1987年1月4日 日曜21:00-21:30 文化放送) - パーソナリティ[2]
  • 城之内早苗のよい子はパックン!(1987年1月 - 1988年4月 日曜5:35-5:50 文化放送) - パーソナリティ
  • 田中義剛の走れ!歌謡曲(1991年12月 - 1992年3月、文化放送) - アシスタント
  • 走れ!歌謡曲(1992年4月 - 1996年3月、文化放送) - パーソナリティ(毎週木曜担当、午前3時から5時)
  • TOKYOベストヒット(1986年10月 - 1987年6月、ニッポン放送) - アシスタント[2]
  • 城之内早苗のハートフルダイアリー(1995年7月 - 2021年9月、茨城放送和歌山放送等)
  • TANSAN HOUR 今夜もシュワシュワ(2023年2月 - 、FMヨコハマ) - 偶数月第1週に出演

吹き替え 編集

舞台 編集

  • 寿新春五木ひろし特別公演 歌☆舞☆奏スペシャル(1995年1月2日 - 1月26日)

CM 編集

受賞 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ この頃は歌うことは好きだったが実際にプロの歌手になれるとは思っておらず、茨城から東京に一人で通えることが嬉しく、特にレッスン終わりに原宿の竹下通りに行くのが楽しみだった[6]
  2. ^ 本人によると、番組で持ち歌ではない歌を歌うことになっていたが、事前にしっかり覚えておらず本番で3回も歌い直した。本人は「あー恥ずかしかった」と感じただけで収録を終えたが、楽屋に戻る途中のとある部屋から城之内のスタッフが誰かに謝り倒す声を聞いた。この時ようやく自分のミスがどれほど周りの人たちに迷惑をかけていたのかを知り反省したとのこと[6]
  3. ^ 城之内早苗 with おニャン子クラブ名義。
  4. ^ 城之内早苗 with 布施明名義。

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.81.
  2. ^ a b c 『DJ名鑑 1987』三才ブックス、1987年2月15日、90頁。NDLJP:12276264/46 
  3. ^ 『幻の近代アイドル史』(2014年刊・笹山敬輔/著、日本のアイドル史参照ISBN 4779170141
  4. ^ 「第58回輝く!日本レコード大賞」各賞決定!宇多田ヒカルらが選出@niftyニュース 2016年11月18日
  5. ^ 「DAM CHANNEL演歌」城之内早苗さんが5代目MCに就任通信カラオケDAMで10月5日よりスタート
  6. ^ a b c d e f g h i j 週刊現代2022年8月6日号「私の地図」第526回・城之内早苗p82-84
  7. ^ 邦雄の兄と地井の姉が夫婦なので血縁は無い
  8. ^ 2010年10月10日放送のカラオケ★バトル5より。
  9. ^ デビュー20周年をむかえて[リンク切れ]
  10. ^ a b "城之内早苗が明かす、私が「おニャン子」から演歌歌手になれた理由". 現代ビジネス. 講談社. 7 August 2022. 2022年8月7日閲覧

外部リンク 編集