城友博

城 友博(じょう ともひろ、1969年4月30日 - )は、千葉県習志野市出身の元プロ野球選手外野手)。1990年代前半のヤングスワローズで、特に女性に人気のあった一人。

城  友博
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県習志野市
生年月日 (1969-04-30) 1969年4月30日(48歳)
身長
体重
173 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1987年 ドラフト6位
初出場 1990年10月8日
最終出場 1999年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

習志野高校時代は1番・センター1987年第69回全国選手権に出場、俊足を評価され、同年のドラフト6位でヤクルトスワローズに入団。入団後も俊足を発揮し、1990年イースタン・リーグで盗塁王と最多安打、翌1991年もイースタンで盗塁王を獲得した。

1992年に一軍に定着し、83試合に出場。14年ぶりのリーグ優勝に貢献した。1993年飯田哲也の怪我のため、主にセンターで96試合に出場。

1997年、自家用車で停車中、トラックに追突され椎間板を損傷。これが結果的に選手生命を縮めることとなった。

1998年自由契約となり阪神タイガースにテスト入団するものの、翌1999年に再び自由契約となり現役を引退。

現役後年より「引退後は起業を…」と志していたとのことで、引退後は起業家を養成するための団体等での修行を経て、麻布十番でレストランを兼ねたクラブ「LUNErS」(ルネス、2003年9月28日閉店)などを経営、現在は株式会社「J.C.O.S」(野球の力)という会社で、野球経験者に特化した就職支援を行うキャリアコンサルタントとして活動している。

野村克也は選手の長髪、茶髪、ヒゲを嫌うことでよく知られているが、城も野村が監督に就任して間もなく茶髪を指摘され黒く染めた。しかし城は生来茶髪であり、この時にも染めていたわけではなく、地毛であった。後にそのことを知った野村は、城の人間性を評価している。後年ヤクルトを自由契約となったときに阪神のテストを受験したのも、そういった野村監督との縁があった。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1990 ヤクルト 4 11 11 1 3 0 0 0 3 0 1 0 0 0 0 0 0 2 0 .273 .273 .273 .545
1992 83 229 188 30 42 8 0 0 50 2 10 3 20 0 15 0 6 37 4 .223 .301 .266 .567
1993 96 313 283 54 73 4 2 1 84 26 11 2 7 2 18 0 3 51 3 .258 .307 .297 .604
1994 27 40 36 5 10 3 0 0 13 1 3 0 2 0 2 0 0 5 0 .278 .316 .361 .677
1995 71 133 107 24 26 4 1 1 35 10 11 3 11 0 11 0 4 12 2 .243 .336 .327 .663
1996 42 59 49 7 9 1 0 0 10 2 0 1 7 0 2 0 1 9 1 .184 .231 .204 .435
1997 30 28 22 2 7 1 0 0 8 0 2 2 1 0 5 0 0 2 0 .318 .444 .364 .808
1998 4 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1999 阪神 5 4 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:9年 362 820 701 124 170 21 3 2 203 41 38 11 50 2 53 0 14 120 10 .243 .308 .290 .597

背番号編集

  • 60(1988年 - 1991年)
  • 00(1992年 - 1993年、1999年)
  • 0(1994年 - 1998年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集