城東バイパス(じょうとうバイパス)は、山梨県甲府市国道411号バイパスである。

一般国道
国道411号標識
城東バイパス
路線延長 2.9 km
開通年 2006年 -
起点 甲府市和戸町
終点 甲府市朝気
接続する
主な道路
記法
国道140号標識 国道140号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

城東通りにあたる甲府警察署前交差点(国道52号交点)から横根跨線橋南交差点(国道140号交点)までの区間は県都である甲府市の市街を通っていることから自動車の往来が激しいが、道幅が狭い上身延線善光寺駅金手駅付近で通称「かねんて」と呼ばれるクランク状の箇所があることから「かねんて渋滞」と呼ばれる渋滞が常態化していた。この渋滞を回避するため1970年代に市街地を避ける形で甲府バイパスが整備されたが、今度は甲府バイパスと国道140号が交差する向町2交差点付近で渋滞が常態化するようになり、またモータリゼーションの発達により城東通りの渋滞が再発するようになったことから、城東通りの南側に新たに4車線のバイパス道路の建設に着手し、横根跨線橋南交差点と向町2交差点の間にある東部市民センター南交差点を起点に西側へほぼ直線的に伸び、中央四丁目交差点まで全長3.6 kmの事業である。中央四丁目交差点からは先は山梨県道29号甲府中央右左口線平和通り美術館通りが交差する相生歩道橋交差点まで接続している。

このうち東部市民センター南から朝気一丁目までの2.9 kmが1985年より事業が開始された山梨県担当の当初区間で、その後東部市民センター南から笛吹警察署北交差点までの区間が2014年に追加されている[1]。当初区間は32年を要し、2017年に全線開通。現在は追加区間および甲府市担当である朝気一丁目から相生歩道橋交差点までの区間を整備中である。

路線編集

主な交差点・立体交差。中央四丁目交差点から相生歩道橋交差点までの区間は厳密にはバイパスの整備外であるが、都市計画道路「和戸町竜王線」の路線内に含まれることから追記する。

施設名 接続路線名 距離
(km)
備考 所在地
国道140号(現道)
笛吹警察署北交差点 石和温泉駅方面 笛吹市
和戸ランプ 新山梨環状道路 甲府山梨道路中央自動車道甲府南インターチェンジ方面 甲府市
東部市民センター交差点 国道140号〈和戸通り〉 0.0 甲府山梨道路・甲府バイパス方面
玉諸神社北交差点 1.3 山梨学院大学方面
砂田橋南交差点 2.1
朝気一丁目交差点 2.9
この間、朝気一丁目交差点から中央四丁目交差点まで未開通
中央四丁目交差点 県道29号 3.6
相生歩道橋交差点 国道358号平和通り 甲府駅山梨県庁舎方面
国道52号美術館通り

沿革編集

 
I期区間の濁川に架かる城東大橋(2012年4月撮影)
  • 1985年昭和60年) : 先行区間(東部市民センター南交差点-和戸南交差点、0.4 km)着工。
  • 1989年平成元年)[2]: I期(和戸南交差点-砂田橋南、1.7 km)着工。
  • 1990年(平成2年) : 先行区間供用開始。
  • 2000年(平成12年) : I期のうち、和戸南交差点-玉諸神社北交差点(山梨学院大学南)(0.9 km)の供用を開始。
  • 2005年(平成17年) : II期(砂田橋南-厚生年金会館東、0.8 km)着工。
  • 2006年(平成18年) : I期全通。
  • 2017年(平成29年) : II期全通により、県当初担当分の事業完了[3]

脚注・出典編集

  1. ^ 甲府都市計画道路の変更 (PDF)”. 都市計画課. 2014年8月23日閲覧。
  2. ^ 「平成22年度公共事業事後評価調書:城東バイパス」 (PDF) 山梨県庁、I期区間は平成元年度着工と記載。(公共事業における年度は当該年の4月以降である)
  3. ^ 国道411号城東Ⅱ期バイパス区間来月9日開通”. 朝日新聞. 2017年10月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集