メインメニューを開く

来歴・人物編集

福岡県北九州市出身。旧制成蹊高等学校を経て、東京大学大学院(旧制)修了1958年札幌医科大学法医学教室助教授、1972年に東京大学理学部人類学教室教授、1984年東京大学総合研究資料館館長兼任(1985年まで)、1987年国際日本文化研究センター教授(同年東京大学教授も併任)、1988年に東京大学定年退官、1993年に国際日本文化研究センター定年退官。その後は国際高等研究所副所長・学術参与・顧問、神戸女学院理事を歴任。人類学の「二重構造モデル」を展開した事で知られていた。

1958年、東京大学より理学博士。論文は「日本人及び日米混血児乳歯の研究」[1]

2004年10月10日、肺がんのため京都市内の病院で死去。享年77[2]

2004年叙正四位、授瑞宝中綬章

主な著書編集

単著編集

  • 「人類進化学入門」(中央公論社、中公新書)
  • 「骨を読む」(中央公論社、中公新書)のち講談社+α文庫にて「骨はヒトを語る―死体鑑定の科学的最終手段―」へ改題
  • 「歯と人類学の話」(医歯薬出版)
  • 「日本人の成り立ち」(人文書院
  • 「日本人の誕生」(吉川弘文館
  • 「日本人と骨のルーツ」(角川書店)のちソフィア文庫
  • 「日本人の顔」(講談社
  • 「人類の進化試練と淘汰の道のり」(講談社)のち学術文庫にて「人類の進化史―20世紀の総括―」へ改題

編著・共著編集

  • 編「日本人の起源」(朝日新聞社、朝日選書)
  • 編「日本人はどこからきたのか」(小学館、小学館創造選書)
  • 編「縄文人の知恵」(小学館、小学館創造選書)
  • 編「日本人の起源」(小学館、小学館創造選書)
  • 編「日本人新起源論」(角川書店、角川選書
  • 編「日本人と日本文化の形成」(朝倉書店
  • 梅原猛との共著「アイヌは原日本人か」(小学館)
  • 「日本人の起源」(朝日新聞社、朝日選書・1989年)

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 埴原和郎氏死去 国際日本文化研究センター名誉教授共同通信・共同ニュース2004年10月12日