メインメニューを開く

基督教独立学園高等学校(きりすときょうどくりつがくえんこうとうがっこう)は、山形県西置賜郡小国町にある、全日制普通科を設置する、全寮制キリスト教私立高等学校

基督教独立学園高等学校
過去の名称 基督教独立学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人基督教独立学園
理念 読むべきものは聖書
学ぶべきものは天然
為すべき事は労働
設立年月日 1934年9月1日
創立記念日 5月26日
創立者 鈴木弼美 
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 06511A
所在地 999-1292
山形県西置賜郡小国町大字叶水826
北緯37度59分40秒 東経139度48分9.32秒 / 北緯37.99444度 東経139.8025889度 / 37.99444; 139.8025889座標: 北緯37度59分40秒 東経139度48分9.32秒 / 北緯37.99444度 東経139.8025889度 / 37.99444; 139.8025889
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
基督教独立学園高等学校の位置(山形県内)
基督教独立学園高等学校

キリスト教学校教育同盟加盟校。1学年の募集人数は25名で、男女比はほぼ半々である。

目次

概要編集

キリスト教無教会主義の創設者である内村鑑三の地方伝道の意思を受け継ぎ、後に初代校長となった鈴木弼美が、1934年に創設した私塾が母体であり、戦後新制の高等学校となった。学校としての信仰的立場はどのキリスト教の会派にも属さない無教会主義である。また、通常一日二回、朝と夕方に礼拝が行われているが、無教会の慣行として牧師や神父は存在しない。毎日の礼拝では、生徒教職員混合で司会の当番が決まっており、日々の生活の中で感じた事や思った事を話す「感話」の時間が設けられている。

学園生(学生自らの自身らに対する呼称)は四季折々、自然に親しむ生活をしており、夏には川や山、冬には近場の山でスキーなど自発的に行っている。

一風変わった学風故に、毎年全国各地から生徒が集まっており、生徒・教職員それぞれ全員が、学校敷地内の各寮で日々を共に送っている。2010年に旧校舎に併設した新校舎が完成。

教育編集

普通科のみを設置する学校であるため、学習内容は一般の普通科高校と変わりないが、キリスト教系の学校であるため、キリスト教に関する授業が必修科目として存在する。また、教育の特徴として労働や作業を重要視しており、通常の授業内容も卒業後の進路を目的とした内容ではなく、学問的興味や教養、思考力を深める事に重点が置かれている。

高校の教育課程において必須科目の芸術は、3年間音楽の授業を行っている。特に、コーラスは学校側でも力を入れているが、コンクールなどへの出場は一切行っておらず、学校行事や地域のイベントなどで、その都度コーラスを披露している。

課外活動・行事編集

学生自らが立ち上げた部活動が数多くあり、複数の部に所属することが出来るが、いわゆるスポーツ系の部活動は他人と競い合うことで物事の本質を見失ってはならないという理由で存在しない。

修学旅行は通常の高校とは異なり、3年次の毎年6月から7月頃に18泊19日という日程で行われている。その全ての内容および行程は生徒自身が計画し、例年では北海道の牧場実習をはじめ、近年では福祉施設の訪問や東日本大震災の被災地訪問など、充実した日々を過ごすのが常であるという。

そのほか、年間を通して多くの学校行事が存在するが、そのほとんどは生徒自身が計画を行っている。

沿革編集

  • 1934年 基督教独立学校設立。
  • 1948年 基督教独立学園高等学校設立。

出身者編集

  • 上泉洋医師
  • 村上龍男鶴岡市立加茂水族館館長)
  • 井崎義治千葉県流山市長
  • 加藤朝美(彫刻家 イタリア在住)
  • 根本 泉(石巻専修大学教授)
  • 真壁あさみ(新潟青陵大学教授・臨床心理学科長)
  • 金山愛子(敬和学園大学教授)
  • 岡田博明(日本画家・三重大学教授)
  • 村本譲司(カリフォルニア大学サンタクルス校研究員)
  • 吉原康(小児科医・作曲家、福島整肢療護園診療部長)
  • 小関 忠(高エネルギー加速器研究機構、教授)
  • 平良夏芽(日本キリスト教団牧師、沖縄反戦活動家)
  • 佐藤光太郎(工学院大学教授)
  • 三浦忠雄(日本キリスト教団牧師、アイヌ民族情報センター主事)
  • 石川 初(慶應義塾大学教授)
  • 石川啓道(月刊『現代農業』編集長)
  • 眞壁 仁(北海道大学教授)
  • 真壁 友(長岡造形大学准教授)
  • 渡辺拓道(兵庫県篠山市議会議員)
  • 今村るか(前東京都議会議員)

卒業後の進路編集

進学や就職を問わず、生徒の希望を最大限に生かすよう指導を行っているが、この学校の教育方針として受験勉強を否定しており、いわゆる進学や就職の為の特別な授業やコースの設置は行っていない。例年、8割を超える生徒が大学等へ進学しているが、具体的な進路先名は、「自分の進路は自分で考えて欲しい」との考えから、一切公表していない模様である。

姉妹校編集

関連項目編集

外部リンク編集