メインメニューを開く

埼玉県庁舎

埼玉県庁舎(さいたまけんちょうしゃ)は埼玉県さいたま市浦和区に所在する広域自治体である埼玉県の庁舎の総称。埼玉県庁

埼玉県庁舎
埼玉県庁舎.JPG
情報
用途 行政庁舎
主構造物 行政庁舎、警察本部庁舎、議会議事堂
建築主 埼玉県
事業主体 埼玉県
管理運営 埼玉県
竣工 1955年(昭和30年)10月
所在地 330-9301
埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号
位置 北緯35度51分26秒 東経139度38分56.9秒 / 北緯35.85722度 東経139.649139度 / 35.85722; 139.649139座標: 北緯35度51分26秒 東経139度38分56.9秒 / 北緯35.85722度 東経139.649139度 / 35.85722; 139.649139
テンプレートを表示
埼玉県庁標識

第一庁舎(県庁)、第二庁舎(埼玉県警本部)、第三庁舎、議会議事堂(埼玉県議会)、職員会館、衛生会館、別館、危機管理防災センターから構成される。

目次

概要編集

1869年明治2年)9月29日浦和県が置かれ、浦和県庁舎は現在地に置かれた。その後岩槻県忍県との合併により埼玉県が誕生し、埼玉県庁舎となった。

先代の県庁舎は現在の第一庁舎の場所にあったが、1948年昭和23年)に放火で焼失した。10月25日午後11時50分ごろ県庁舎の新館2階の消防課付近から出火し、本館に燃え広がったあと別館など8棟を焼失させた。消失面積は約7000平方メートルに及び、重要書類がほぼ消失、県庁機能を失った。

その3日後すぐに大宮市(現さいたま市)、熊谷市が県庁移転を提案し、浦和市の現地再建派と対立した。放火以前から、移転を主張する一部の強硬な団体などが存在しており、県庁移転目的の放火も疑われたが、11月12日に火元の消防課会計係員の24歳の男を逮捕した。当初は犯行を強く否認していたが、一転自供し、1951年1月に懲役12年の実刑を言い渡された。

ところが仮釈放中の同年に法務大臣浦和警察署浦和地検検事正宛てに「私は無罪」という遺書を残し水戸市内の山中で服毒自殺したため、真相は分かっていない。また、この件で当時の県知事である西村実造の責任問題へ発展し、辞表を提出する事態となっている。結局移転論は1950年(昭和25年)3月23日の県庁舎建設特別委員会まで持ち越され、浦和存続が決まった[1]。移転論に決着がつき、再建が始まり、1955年10月に第一庁舎が完成した。

その20年後には庁舎が手狭になったことから第二庁舎が建設された。第二庁舎の場所は、以前は官舎が建ち並んでおり、北側に裏門があったことから現在でもこの通りを裏門通りと呼んでいる。県庁周辺には埼玉県衛生会館、埼玉県自治会館(閉鎖し駐車場になった)、埼玉県農林会館、職員会館、埼玉県危機管理防災センターなどがある。

沿革編集

 
初代埼玉県庁舎(旧浦和県庁舎)
 
大正時代の県庁舎
  • 1869年(明治2年)9月29日 - 浦和県の県庁が現在地に置かれる。
  • 1870年(明治3年)1月 - 県庁舎が新築される。
  • 1871年(明治4年)11月14日 - 浦和県が岩槻県、忍県と合併し、埼玉県となる。県庁舎は浦和県庁舎を使用。
  • 1872年(明治5年) - 県庁内に埼玉裁判所が設置。
  • 1876年(明治9年) - 熊谷県を合併。現在の埼玉県域が成立する。
  • 1883年(明治16年)7月28日 - 県内最古の浦和駅が開業。
  • 1891年(明治24年) - 県庁新館(木造)が完成。
  • 1893年(明治26年) - 現在の常盤公園の場所に裁判所が移転。
  • 1948年昭和23年)10月25日 - 先代の埼玉県庁舎が火災により焼失。
  • 1955年(昭和30年)10月15日 - 第一庁舎が再建し、落成祝賀式を開催。
  • 1974年(昭和49年) - 官舎跡地に第二庁舎が竣工。
  • 1983年(昭和58年) - 県議会議事堂を改築。

配置編集

アクセス編集

鉄道編集

バス編集

自家用車編集

ロケ地編集

埼玉県庁舎は、正面玄関の重厚な造りが映画・ドラマ制作関係者の間で評判となっており[4]、主に裁判所や省庁、警察署などの役所系の設定で登場することが多い[5]

登場作品と設定

その他の庁舎編集

周辺施設編集

参考文献編集

  • 浦和市史 通史編
  • わがまち浦和

脚注・出典編集

外部リンク編集